週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

2019セ・リーグ順位予想【週刊ベースボール編集部員】

 

3月29日、いよいよ2019年のプロ野球が開幕する。ここでは週刊ベースボール編集部員のセ・リーグ順位予想をお届けする。

1位予想が一番多かったのは原監督率いる巨人だった


広島担当の順位予想


1位 広島
2位 巨人
3位 ヤクルト
4位 阪神
5位 DeNA
6位 中日

「選手層の厚さでは、広島と巨人がやや上か。広島も過去3年のような独走は望めないが、3連覇したことで、セのチームに対しては精神的に優位に立っている。巨人は抑え投手のメドが立っておらず、広島のほうが安定した戦いが可能か。読みにくいのはヤクルトとDeNA。どちらも打線は若手も出てきてかなりいいが、投手陣が弱い。投手陣のやりくりや故障者の具合で、優勝争いできる可能性もあれば、低空飛行の可能性もはらむ。とりあえず、現状、故障者の多いDeNAを下にした。逆に阪神は、あまり打てない可能性もあるが、投手陣はある程度そろっているので、4位ぐらいの線は安定して残せるのでは。中日はあまりに投手がいなさすぎる気がするが……」

ヤクルト担当の順位予想


1位 広島
2位 巨人
3位 ヤクルト
4位 DeNA
5位 中日
6位 阪神

丸佳浩が去ったとはいえ、総合力では広島がリードしている。何より3連覇の経験が競った展開でも生きてくるはずだ。巨人は新戦力がクローズアップされがちだが、菅野智之を中心に、既存の選手の働きがカギを握るか。この2強を中心に優勝争いが展開されそうだ。また、高卒2年目・村上宗隆の成長が見られるヤクルトは面白い存在。DeNAは先発投手陣に役者が戻れば強力打線とかみ合い、上位進出もあるか。中日は笠原祥太郎ら若手投手が台頭していることから、平田良介ら攻撃陣の奮起が求められる。阪神は木浪聖也近本光司らニューカマーがけん引し、下位予想を覆したい」

巨人担当の順位予想


1位 巨人
2位 ヤクルト
3位 広島
4位 DeNA
5位 中日
6位 阪神

「広島の4連覇は、さすがに他5球団が総力をあげて阻止するだろう。いつまでもやられていては恥ずかしい。広島包囲網が張られる中で、抜け出すのが巨人とヤクルト。巨人は直接対決で圧倒的に相性の悪かった丸佳浩を引き入れ、二番に坂本勇人、三番にその丸を置く打線は強力だ。昨季は広島に10の勝ち越しを許したが、これを五分に引き戻せば、それだけでペナントの行方は分からなくなる。ヤクルトも打線はリーグ屈指。DeNA、中日も打線は強力であとは投手力次第で上位も。打つ勝つチームが覇権を握ると予想する」

DeNA担当の順位予想


1位 巨人
2位 ヤクルト
3位 広島
4位 DeNA
5位 阪神
6位 中日

「143試合を戦い抜くためには、選手層の厚さが順位に反映される。投打に分厚い戦力を誇る巨人が断然有利。優勝までの道筋を熟知する原辰徳監督が2014年以来のセ・リーグ制覇を予想。4連覇を狙う広島だが、オープン戦を見る限り打線に迫力が感じられなかった。丸佳浩の抜けた穴は大きく、つながりを欠く印象。それよりも、売出し中の村上宗隆をはじめ、青木宣親山田哲人バレンティンが並ぶヤクルト打線のほうが怖さはある。小川泰弘原樹理ら先発陣が機能すれば、ヤクルトが広島を上回りそうだ。DeNAも投打の力があるものの、フルシーズンを高いレベルで戦い抜くだけのチーム力はない。打力が不安な阪神、投手力が安定しない中日を5位、6位とした」

中日担当の順位予想


1位 巨人
2位 広島
3位 DeNA
4位 中日
5位 ヤクルト
6位 阪神

「巨大戦力を有し、勝ち方も知る広島、巨人が2強だろう。本塁打の出やすい横浜スタジアムを本拠地とするDeNAの打線もリーグ屈指。投手陣に離脱者が多いが、打線がそれを補えればAクラスも十分射程圏内だ。担当チームの中日は、期待を込めて4位。オープン戦での打線の湿り具合はやや心配だが、これから上がってくるだろう。何よりも投手陣に故障者が多く、長いシーズンでどうやりくりするかがカギになる。ヤクルトは昨季同様、打線と投手陣がかみ合えば強力。Aクラスの可能性も高い。阪神は先発投手を補強したが、打線に怖さがない。四番・大山悠輔がハマれば、ダークホースとなりそうだ」

阪神担当の順位予想


1位 巨人
2位 広島
3位 阪神
4位 DeNA
5位 ヤクルト
6位 中日

「1、2位はどちらが上でもいいが、この2強がどちらかが独走ではなく強烈なデッドヒートを見せて球界を大きく盛り上げてほしい。3位の阪神は『もし勢いに乗ったとき』という前提で3位に入るような展開になると、セ・リーグはさらに白熱する。下位打線は打力順で決めた。DeNAとヤクルト両打線はほぼ同じで、ここは投手力の差でDeNAを4位に。阪神の若手の成長がなければ、中日と最下位争いの可能性も十分にある」

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング