週刊ベースボールONLINE

川口和久WEBコラム

開幕3連戦で丸佳浩の凄さを見た/川口和久WEBコラム

 

今年の2チームの戦いは間違いなく面白い


3月31日の試合でタイムリーを放った丸




 いよいよペナントレースが開幕した。
 俺が注目したカードは、広島巨人の3連戦(マツダ広島)。巨人サイドから見たら、昨年あれだけ苦手にした広島、しかも敵地マツダ広島で2勝1敗の勝ち越しは大きな自信になったと思う。

 一番目立ったのは、選手じゃなく、巨人・原辰徳監督の笑顔だったね。試合中からずっとニヤニヤしていた。久々の野球が楽しくて仕方がないんだろう。
 1戦目は落としたが、2、3戦目に関しては、継投も、変えた打線もはまった。二の手、三の手を繰り出し、広島に「今年の俺たちは一味違うぜ!」とはっきり印象付けた3試合になった。

 選手の注目は、やはり三番に入った巨人・丸佳浩。古巣相手の1試合目は4打席4三振だったが、実際、あの日の先発・大瀬良大地はカットボールがさえ渡り、失投がほとんどなかった。丸を含めたクリーンアップから8奪三振、二番の坂本勇人にも2奪三振。付け入る隙がなかった。

 特に丸への攻めは厳しかったし、裏をかかれたような顔をすることもあった。かなり研究してきたんだろうね。丸も引っ張りを意識したのか、外の球への反応が薄かったのも完全に見抜かれていた。

 第2試合も床田寛樹から初回またも三振。5打席連続三振で「大丈夫か」と正直思っていたら、次の打席から四球2つ、レフトフライの後、また四球を選んだ。

 完全に切り替えていたね。「打てる球がないなら打たないだけ」と。
 古巣相手の開幕シリーズは重圧が凄まじかったはず。その中でまったくヒットが出ないとなれば、普通なら何とかヒットをと、当てにいって墓穴を掘るのがパターンだ。
 それを四球でも塁に出たら同じと割り切った。
 最初の2四球は得点にもつながったし、いい仕事をしたと思う。無安打でもチームに貢献というのはすごいね。

 次の3試合目は、思い切って引っ張ってタイムリーも打ったし、2つのセカンドゴロも菊池涼介にきっちりさばかれたもの。他チームのセカンドだったらヒットになっていたかもしれない。

 お互いの意地だろうな。丸の加入で2チームの戦いが熾烈になることは間違いない。昨年までは巨人が弱すぎたしね。

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング