週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

どうなる!?中日の外国人

 

11試合に登板し、防御率1.69と安定感の光るロドリゲス


 中日の外国人枠が足りない。現在一軍にいる外国人は、ロドリゲス、R.マルティネスの投手2人と、ビシエドアルモンテの野手2人の計4人。現在の日本野球機構の規定では、支配下登録選手数に制限はないが、一軍出場選手の登録枠には投手と野手で計4人(投手4人、野手4人という登録は不可)となっている。

 今日からの広島3連戦(マツダ広島)の先発は、大野雄大山井大介、ロメロというローテーションが濃厚。現在登録抹消中のロメロを昇格させるには、現在登録されているうち、だれか一人の登録をはずさなければならない。

 しかし四番のビシエドは昨季同様に力強いライナー性の打球で大いに四番の働きをしているし、一塁守備にも安定感がある。アルモンテも開幕当初は不調だったが、状態は右肩上がりだ。ロドリゲスもR.マルティネスも、150キロ台の速球で登板過多が続く中継ぎ陣を支えているし、27日から始まる12連戦を前に、中継ぎ投手を減らすリスクは大きい。

 そうした事情からアルモンテが登録抹消になるだろうが、左翼には福田永将遠藤一星が虎視眈々と出場機会をうかがっている。さらにファームでは同じ外野手のモヤが、ウエスタン・リーグで現在最多安打&最多打点。群雄割拠の助っ人外国人のなかでは唯一、今季の一軍出場がないが、それでも出番を求めて懸命な姿勢は評価できる。

 12連戦中に再入れ替えの可能性もあるだろう。シーズン最初の山場を守り勝つのか、それとも打ち勝つのか――外国人枠の調整から、与田竜の戦い方が見えてくる。

文=依田真衣子 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング