週刊ベースボールONLINE

球界デキゴトロジー/4月28日

ひたむきに投げ続けたヤクルトの守護神が史上2人目の200セーブ(2002年4月28日)

 

プロ野球史上2人目の通算200セーブを達成した高津


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2002年4月28日だ。

 次から次へ、祝福の手が伸びてきた。花束を抱いて、ヤクルト高津臣吾は穏やかな笑みを浮かべた。甲子園で行われた阪神戦で、高津は3対1と2点リードの9回から登板。阪神打線に1安打されたが、無失点に抑えて6セーブ目をマーク。これが、通算200セーブの大記録となった。

 ベンチに戻ると大きな拍手で迎えられたが、主役と同じくらいに喜んでいたのが、ほかの投手陣だった。「本当に良かった」とベテランの快挙に、みな口をそろえた。

 ある若手投手は「高津さんの存在は大きいですよ」と言った。不動のクローザーとして、黙々と投げ続けてきた。一言、一言にも重みがあるが、注目すべきは野球に取り組む姿勢。ここ数年は右ヒジ痛との闘いでもあった。

「体調が良くなくて、痛いところをさすりながら投げたこともある」

 決め球のシンカーはヒジに負担をかける。痛み止めを服用しながら、マウンドに上がる姿を投手陣は間近で見ているから、その苦労が痛いほど分かる。言葉よりも、そんなひたむきな姿が、ほかの投手陣を引っ張っていく原動力になっている。

 セーブを挙げるには、そこに至るまでのしっかりとした投手リレーが必要になる。そして、その積み重ねた数字は200。「僕の数字でもあるけど、みんなの数字でもあるんです」と全員の栄光であることを高津は強調した。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング