週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

交流戦のDHで活躍が期待されるセの強打者とは?

 

広島では長野のDH起用が予想される


 いよいよ6月4日からセ・パ交流戦が始まる。交流戦では、パ・リーグのチームの主催試合でのみ、セ・リーグのチームもDH(指名打者)を用いることができる。セ・リーグの各球団がDHに誰を起用するのかは交流戦の見どころの一つだ。そこで今回は、DHでの起用や活躍が期待されるセ・リーグの強打者を、球団ごとにピックアップしてみた。

※記事内の成績は2019年6月2日時点のもの

広島は長野の起用で打線を強化する可能性もある!?


 広島がDHに起用する可能性が高いのが、まずは昨季もDH起用されていたバティスタ。今シーズンも鈴木誠也と並んでチーム1位の15本塁打を放つなど打線の中心を担っており、ここでDHに起用して攻撃に専念させることが考えられる。また、松山竜平もDH候補の一人だが、バティスタをDHにした場合は、松山を代わりに一塁に起用する可能性が高いだろう。

 長野久義もDH起用が考えられる選手の一人。今季は35試合に出場して74打数16安打打率.216と巨人時代を考えると物足りない成績だが、時折、勝負強さを見せる。長打も期待できるためDHに起用すれば確実に打線が強化されるだろう。ほかには安部友裕と併用するために小窪哲也をDHにする可能性も考えられる。

阪神はベテランをDH起用するか中谷とマルテを共存させるか……


 阪神は、福留孝介をDHで起用するケースが考えられる。チームになくてはならない存在だけに、長いシーズンを戦うためにDHで守備負担を減らす、という可能性が高いだろう。ちなみに福留が今季規定打席をクリアすれば、「球団初の42歳以上の選手定打席到達」という記録を達成することになる。また、福留をDHにした場合は、中谷将大をレフトで起用するのも考えられるケースだ。

 その中谷をDHに起用する可能性もある。今シーズンは38試合に出場して打率は.205と物足りないが、5本塁打を放っており一発が期待できる。同じく5本塁打のマルテと共存させるために、中谷をDH、マルテを一塁で起用するというプランもなくはない。ほかには5月29日の巨人戦では代打でサヨナラ満塁ホームランを放った高山俊も候補の一人だ。

巨人は一発のある助っ人を起用!?


 DH候補に挙げられるのがゲレーロだ。今シーズンは42試合に出場して打率は.217と低いが、本塁打は8本とチーム上位の数字を残している。ただ、守備がやや心許ないため、ゲレーロをDHにして打つほうに専念させ、外野には重信慎之介陽岱鋼といった攻撃と守備の両面で期待できる選手を起用すれば、攻守の両面で強化できるだろう。

 ほかには、外野はゲレーロ、丸佳浩亀井善行の3人で、陽をDHにするというケースも考えられるが、ゲレーロをDHにする可能性のほうが高いだろう。もう一人の助っ人外国人・ビヤヌエバを一軍に再昇格しており、DHで起用する可能性もゼロではない。

平田が戻ってくればDH起用か!?


 不動の四番であるビシエドをDHにする可能性が高いが、肉離れで5月18日から戦列を離れていた平田良介が順調に回復しており、交流戦開幕に間に合う可能性が高くなっている。そのため、まずはDHで平田を起用して守備の負担を減らすことも考えられる。平田が守っていたライトのポジションは現在、モヤが起用されているが、平田の調子が戻るまでは引き続きモヤが守ることになるだろう。

 仮に平田が間に合わなかった場合は、上述のようにビシエドをDHにするか、京田陽太堂上直倫をDHに起用して共存させるという可能性も考えられる。同じポジションのライバル同士を併用して切磋琢磨させることで、双方に良い効果が出るかもしれない。

DeNAは昨季と同じく筒香をDH起用するか


 DHに起用される選手として挙げられるのが筒香嘉智とソト。昨年の交流戦では、主に筒香をDHに起用して打つほうに専念させていたが、今シーズンはソトの守備が特に不安なため、どちらかといえばソトがDHになる可能性が高いだろう。その場合は、より守備力のある選手を起用すると思われる。筒香をDHにした場合も同様だ。

 筒香やソト以外では、宮崎敏郎も昨年の交流戦でDHに起用されたことがある選手。昨季は自己最多の28本塁打を放つなど好調だったが、今シーズンはいまいち調子が上がらない。ここでDH起用して、気持ちを変えるのも有効だろう。

ヤクルトはバレンティンのDH起用が濃厚!?


 ヤクルトは昨季同様にバレンティンをDHに起用する可能性が高いだろう。5月29日の広島戦(神宮)でも守備面を考慮してスタメンを外れており、守備機会のないDHに起用して打席に集中させれば、より良い結果が期待できる。バレンティンをDHにした場合は、坂口智隆をレフトに起用すると思われる。

 現状、バレンティン以外をDHで起用することは考えにくいが、別の可能性を探るとすれば、10代ながら四番を任され、チーム最多の14本塁打を放っている村上宗隆のDH起用。一塁の守備も問題なくこなしているが、攻撃に専念させることでさらなる好結果を生む可能性がある。その場合、一塁にはシーズン序盤に務めていた荒木貴裕や坂口を使うだろう。

 各チームの「交流戦のDHでの活躍が期待される強打者」をピックアップしてみた。どの選手をDHにするかで攻撃力が大きく変わるので、どのチームも慎重に選ぶだろう。交流戦の開幕試合はすべてパ・リーグの本拠地で行われるため、早速DHの出番となる。セ・リーグの各チームが誰をDHに起用するのか注目したい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング