週刊ベースボールONLINE

球界デキゴトロジー/6月14日

湯舟敏郎が阪神の投手としては江夏豊以来、史上7人目の快挙(1992年6月14日)

 

「甲子園で(ノーヒットノーランを)やれて良かったです」と喜びの表情を見せた湯舟


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1992年6月14日だ。

 この日、甲子園で行われた広島戦、阪神の先発は前年のドラフト1位左腕・湯舟敏郎だった。初回から多彩な変化球が冴え渡り、カープ打線を封じ込める。8回まで毎回の11奪三振。ヒットも打たれず、得点も与えない。

 迎えた9回、最後の打者、正田耕三の二遊間を抜けようかという当たりを二塁手・和田豊が好捕し、一塁でアウト。その瞬間、セ・リーグとしては87年の近藤真一中日)以来、阪神の投手としては73年の江夏豊以来7人目のノーヒットノーランを達成(史上58人目)。9回に三振を奪えず、史上初の毎回三振奪取での大記録を逸したのは惜しかった。

「(記録は)4回を終わって一度意識しましたけど、9回二死を取ってからプレッシャーを感じました。一人ひとり、確実に打ち取っていこうと投げたのが良かったんじゃないですか。でも、僕みたいな者がプロ野球の歴史に名を残していいんでしょうか」と湯舟は謙虚に語った。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング