週刊ベースボールONLINE

高校野球リポート

韮澤雄也[花咲徳栄]お手本は源田。“日本一の遊撃手”の称号へ/埼玉注目プレーヤー

 

夢の甲子園切符をつかむため、一投一打に魂を込める。集大成の夏――。埼玉を熱くする注目選手から目が離せない。

花咲徳栄・韮澤雄也


韮澤雄也(にらさわ・ゆうや)
内野手/177センチ80キロ/右投左打/3年

 飛んできたゴロを吸い取るようにグラブに収め、正確に送球する。その一連の動作は実に華麗だ。守備力は高校入学直後の猛練習で培われた。「中学のころは守備が課題だった」と明かす。肩が強くなったのも高校に入ってから。お手本は埼玉西武源田壮亮だ。

「源田さんのように投手が打ち取った打球は確実にアウトにしたい」

 打撃にも定評がある。昨夏の甲子園では2試合で計2安打、2打点。好左腕の横浜・及川雅貴からも安打を放ったが、さらなる進化へ岩井隆監督の助言でバットを寝かせてタイミングを取るように。するとボールが見やすくなり、逆方向への安打が増えた。「高校生相手なら1試合2安打は当たり前。そのくらいのポテンシャルがある」と岩井監督も高く評価する。

 4月にはU18日本代表第1次候補の合宿に参加し、同学年の野手から刺激を受けた。今夏、チームは埼玉5連覇がかかる。

「自分たちの代で途切れさせるわけにはいかない」(韮澤)

 自身3度目の甲子園で日本一のショートストップの称号を得る。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング