週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

新人で球宴に選出された選手は過去何人いた? 誰が選ばれている?

 

今年、ファン投票でオールスター出場を決めた阪神のルーキー・近本


 7月2日、オールスターゲームの選手間投票、監督選抜、8日にプラスワン枠の選手が発表され、これで出場選手が決定。今年も魅力的なメンバーがそろった。入団1年目の新人選手では阪神の近本光司がファン投票で選出。1年目の新人がファン投票で選ばれるのは、同じ阪神の先輩である高山俊以来3年ぶりとなった。では、こうしたファン投票や監督選抜でオールスターメンバーに選出された新人は、過去に何人いたのかご存じだろうか?

全68回で111人の新人がオールスターに選出!


 第1回のオールスターゲームが開催された1951年から2018年までの全68回を調べたところ、助っ人外国人を除く入団1年目の新人選手は111人(辞退選手含む)が選出。選出された人数が最も多かったのは、1956年と2013年でともに6人が選ばれている。

 1956年は米田哲也大沢啓二といった後のレジェンド6人が選出。2013年は、現在はMLBのエンゼルスに所属する大谷翔平日本ハム)や巨人菅野智之、阪神の藤浪晋太郎など注目のルーキーたちが出場メンバーに選ばれている。

 次に多かったのが、5人が選ばれた1970年と1999年だ。1970年は太田幸司谷沢健一らが選ばれており、1999年は西武松坂大輔中日)や、先日巨人で引退した上原浩治などが選出されていた。

ファン投票での選出は40人!


 新人ながらオールスターゲームに選出された選手111人のうち、「ファン投票」で選ばれた選手は40人。全体のおよそ3分の1ほどだ。ここ10年では、今年の近本を含めて5人しか選ばれていない。入団早々に監督の信頼を勝ち取り、ファンを魅了するプレーを披露しないとなかなかファン投票で選ばれないから、やはりそう簡単ではない。

 ファン投票で選ばれた選手は、長嶋茂雄(巨人)、田淵幸一(阪神)、原辰徳(巨人)、清原和博(西武)、野茂英雄(近鉄)などそうそうたるメンツ。2000年代に入ってからも、田中将大楽天)や大谷翔平など、後に球界のスターとなる選手が選ばれている。これらの選手を見ると、「ファン投票で選ばれた選手は後に大成する可能性が高い」といえるのではないだろうか。

いきなりMVPを獲得した選手は……


1980年オールスター第1戦(西宮)で新人ながらMVPに輝いた岡田


 入団1年目でオールスターゲームに出場できるだけでも栄誉だが、その中にはいきなりMVPに輝いた選手もいる。まずは、1980年のオールスターゲームにファン投票で選ばれて出場した阪神の岡田彰布。阪急西宮球場で行われた第1戦の4回に代打で登場すると、日本ハムの間柴茂有から左中間に逆転の3ランを放った。この一撃が決め手となり、岡田は史上初の新人選手でMVPを獲得した。

 次にオールスターゲームでMVPを獲得したルーキーは、1986年にファン投票で出場した清原和博だ。大阪球場で行われた第2戦で4回から出場した清原は、7回に大洋の遠藤一彦から同点ホームラン。この一打でMVPを受賞した。

 1998年に出場した中日のルーキー・川上憲伸も、新人ながらMVPを獲得している。本拠地ナゴヤドームで行われた第1戦に先発した川上は、3回を無失点に抑える好投を見せてMVPに選出された。

 過去68回で新人がMVPに輝いたのはこの3人のみ。長嶋茂雄をはじめとするレジェンドや、野茂英雄、田中将大、大谷翔平といった球界のスターたちもMVPは獲得できなかったのだ。

 今年のオールスターゲームに出場する新人は阪神の近本のみだが、前半の活躍を見ればオールスターゲームという晴れ舞台でもきっと大きな仕事をしてくれるだろう。4人目となる新人MVPが誕生するかどうか、注目の第1戦は7月12日19時プレイボールだ。

オールスターに選出された入団1年目選手


●2018年
東克樹DeNA

●2017年
山岡泰輔オリックス)、黒木優太(オリックス)、源田壮亮(西武)

●2016年
戸柱恭孝(DeNA)、※高山俊(阪神)

●2015年
山崎康晃(DeNA)、高木勇人(巨人)

●2014年
三上朋也(DeNA)

●2013年
菅野智之(巨人)、石山泰稚ヤクルト)、小川泰弘(ヤクルト)、藤浪晋太郎(阪神)、三嶋一輝(DeNA)、※大谷翔平(日本ハム)

●2012年
田島慎二(中日)、野村祐輔広島)、益田直也ロッテ

●2011年
榎田大樹(阪神)、澤村拓一(巨人)、斎藤佑樹(日本ハム)、牧田和久(西武)

●2010年
新人の選出なし

●2009年
攝津正ソフトバンク

●2008年
新人の選出なし

●2007年
※田中将大(楽天)

●2006年
八木智哉(日本ハム)、平野佳寿(オリックス)

●2005年
新人の選出なし

●2004年
三瀬幸司(ソフトバンク)

●2003年
木佐貫洋(巨人)、永川勝浩(広島)、和田毅(ソフトバンク)

●2002年
新人の選出なし

●2001年
新人の選出なし

●2000年
新人の選出なし

●1999年
※上原浩治(巨人)、※二岡智宏(巨人)、福留孝介(中日)、川越英隆(オリックス)、※松坂大輔(西武)

●1998年
※川上憲伸(中日)、小林幹英(広島)、※高橋由伸(巨人)

●1997年
澤崎俊和(広島)、小坂誠(ロッテ)

●1996年
新人の選出なし

●1995年
山内泰幸(広島)

●1994年
藪恵壹(阪神)

●1993年
新人の選出なし

●1992年
久慈照嘉(阪神)、※浜名千広(ダイエー)、河本育之(ロッテ)

●1991年
森田幸一(中日)

●1990年
与田剛(中日)、佐々岡真司(広島)、古田敦也(ヤクルト)、※野茂英雄(近鉄)

●1989年
新人の選出なし

●1988年
立浪和義(中日)

●1987年
阿波野秀幸(近鉄)

●1986年
※清原和博(西武)、西川佳明(南海)

●1985年
新人の選出なし

●1984年
小早川毅彦(広島)

●1983年
新人の選出なし

●1982年
新人の選出なし

●1981年
※原辰徳(巨人)、※石毛宏典(西武)

●1980年
※岡田彰布(阪神)、※木田勇(日本ハム)

●1979年
高代延博(日本ハム)、松沼博久(西武)

●1978年
古屋英夫(日本ハム)

●1977年
梶間健一(ヤクルト)

●1976年
新人の選出なし

●1975年
山口高志(阪急)

●1974年
山下大輔(大洋)

●1973年
新人の選出なし

●1972年
中村勝広(阪神)、※望月充(阪神)、加藤初(西鉄)

●1971年
島本講平(南海)、皆川康夫(東映)

●1970年
上田次朗(阪神)、※谷沢健一(中日)、三輪悟(西鉄)、佐藤道郎(南海)、※太田幸司(近鉄)

●1969年
星野仙一(中日)、※田淵幸一(阪神)

●1968年
高田繁(巨人)

●1967年
江夏豊(阪神)、※大下剛史(東映)

●1966年
堀内恒夫(巨人)、鈴木啓示(近鉄)、森安敏明(東映)

●1965年
池永正明(西鉄)

●1964年
石黒和弘(東京)

●1963年
新人の選出なし

●1962年
尾崎行雄(東映)

●1961年
権藤博(中日)、※高林恒夫(巨人)

●1960年
堀本律雄(巨人)

●1959年
村山実(大阪)、北川芳男(国鉄)、江藤慎一(中日)、桑田武(大洋)

●1958年
※長嶋茂雄(巨人)、鈴木隆(大洋)、※杉浦忠(南海)

●1957年
藤田元司(巨人)、木村保(南海)

●1956年
秋山登(大洋)、土井淳(大洋)、大津淳(大阪)、大沢啓二(南海)、佐々木信也(高橋)、米田哲也(阪急)

●1955年
西村一孔(大阪)、※榎本喜八(毎日)

●1954年
広岡達朗(巨人)、※梶本隆夫(阪急)

●1953年
荒川博(毎日)、※末吉俊信(毎日)

●1952年
新人の選出なし

●1951年
新人の選出なし

※ファン投票で選出

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング