週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

浅村栄斗が楽天打線に欠かせない軸となっている理由は?

 

楽天打線を力強くけん引する浅村


 今季の楽天打線で唯一スタメンから外れたことがないのが浅村栄斗だ。昨オフ、西武からFAで加入した新戦力だが、その信頼は揺るがない。「彼がスタメンから外れたオーダーというのは想像できない」と小谷野栄一コーチが語るほど、すでにチームになくてはならない存在となっている。

 だが、その貢献度は打撃の結果だけではないと強調した。「選手の中でも手本となれる選手。人間性もそうですし。彼個人から発するモノがチームにどれだけの影響があるか」。浅村自身も「自分はどんな人なんだろうと思われていると思う。見られている自覚を持ってやろうと思っています」と結果だけではない重圧を感じていることは確かだ。

 二遊間を組む茂木栄五郎は「浅村さんがいつも変わらずにプレーしているので、僕も痛いかゆいと言っていられない」と精神面で大きな影響を受けていると話す。浅村も「良いときも悪いときもかわらず普通にやるということ。一番難しいですけど、そういうのを頑張ってやっています」と今季は特に、体の状態や気持ちの波に左右されずにプレーすることを意識しているという。

 しかし、それは移籍したから芽生えた意識ではない。西武時代に、一軍での出場が増えてきたころ、先輩である栗山巧中島宏之(現巨人)のそういった姿勢を見て「自分もこうなりたい」と思い描いた。そして、その背中を今でも追いかけている。

 西武時代に培った責任感の強さがそうさせるのだろう。「最初に比べたら落ち着いてできるようにはなりましたけど、そこで慣れないようにしっかり気を張ってやりたいなと思ってやっています」と抱えるものの大きさが増えても、それも背負いながら結果も求め続ける。なぜならそれが、かつて見てきた先輩の姿でもあるから。

「今年は自分が思っているようには全然うまくいかない。そこに同じテンションでやるという難しさを感じてはいる」と移籍1年目の苦悩も明かしたが、その苦しさも浅村の糧となっていくだろう。大きなことは口にしないが「もうちょっと活躍したいですね」とはにかむ背番号3の大きな背中は頼もしい。

文=阿部ちはる 写真=井沢雄一郎

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング