週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

DeNA 9回までの3イニングがカギに

 

8月4日の巨人戦(横浜)では1点リードの6回に登板した武藤。1イニングを13球、三者凡退に抑える完ぺきなリリーフを見せた


 8月2日からの巨人戦(横浜)で3タテに成功し、首位・巨人とのゲーム差を0.5差としたラミレスDeNA。オールスター明けの後半戦を14勝4敗1分と突っ走り、チームは今、勢いに乗る。しかし、ラミレス監督は「でも今は2位。1日1日をしっかり戦いたい」と冷静に語る。それもそのはず、背後には広島が1.5差でピタリと続き、6日からは、その3位・広島との3連戦が控えているからだ。

 DeNAが広島、そして巨人との三つ巴の争いを勝っていくために、不安要素を挙げるなら中継ぎ投手陣だろう。今季、先発陣の平均投球回数は5.29回。つまり、リリーフ陣は6回からマウンドに上がらなければならない状況だ。クローザー・山崎康晃が安定感しているだけに、9回までの3イニングをどうつないでいくのかが大きなテーマとなる。

 指揮官は巨人3タテの要因を「リリーフ陣の踏ん張りが大きい」としながらも、3日の試合ではパットンが“冷蔵庫パンチ”で自ら戦線を離脱。石田健大は先発に回っており、期待された新入団のソリスは前評判ほどの“瞬発力”を感じさせない。現時点の勝ちパターンを担うエスコバー、三嶋一輝国吉佑樹の負担は大きく、不安は尽きない。そうした苦しい状況で、陰ながらブルペンを支える筆頭が武藤祐太だ。

 中日を自由契約となり入団したDeNA2年目の武藤は、ここまでリリーフで15試合に登板し、0勝1敗3H、防御率1.33と奮闘する。4日の巨人戦(横浜)では、先発・今永昇太に続く2番手でマウンドに上がると、巨人打線を3人で料理し、勝利への流れをつくった。

 その他に、2年目の齋藤俊介櫻井周斗の存在感も日に日に増すばかり。ともに物怖じしない投球で一軍のマウンドで経験を積んでいる。夏場を迎え、ブルペンにも疲労がたまるこの状況は、若手にとっては絶好のチャンスでもある。ファームから台頭してくる新しい戦力がチームを頂点へと押し上げる。

文=滝川和臣 写真=大賀章好

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング