週刊ベースボールONLINE

2019夏甲子園

[甲子園・記者コラム]女房役が明かす星稜・奥川が完封できた理由

 

日本中が注目する甲子園。現地で取材を行う記者が、その目で見て、肌で感じた熱戦の舞台裏を写真とともにお届けする。

失点しない確信


星稜の正捕手・山瀬(右)は小学生時代から奥川とバッテリーを組み、息の合った名コンビである(写真=宮原和也)


 さすが、小学4年からバッテリーを組む捕手の言葉である。ただ、驚くばかりだった。

 星稜は旭川大高と1回戦で初戦突破。1対0という僅差でシャットアウト勝利を飾ったのが今大会、話題を独占している158キロ右腕・奥川恭伸(3年)である。

 奥川の自己採点は「半分」と厳しかったが、スコア以上に楽に投げている印象だった。あわやという角度の大飛球には「風に助けられた」とも語ったが、失点する空気は感じなかった。

 実は、失点しない確信があったのは、ボールを受ける山瀬慎之助だった。大勢のメディアに囲まれた試合後、謙虚な談話に終始する背番号1とは対照的に、背番号2は自信たっぷりのコメントを繰り返している。

「最低限のゼロで抑えるピッチングができた。力を抜きながら、ゼロに抑えられたのはよかった」

 さらに、頭脳派捕手は配球面にまで言及。

「もっといろいろなパターン、いろいろな球種もある」

 報道陣からの「なぜ、使わなかったのか?」という質問に対して、山瀬は「楽にカウントが取れる球種で、ランナーを一人出てもOKのピッチングをさせた。つまり、使う必要がなかった」と明かした。

 ミットをはめる山瀬の左手は正直なのだ。余力を残しての初戦突破。底知れぬ魅力が詰まっている奥川。2回戦以降、どんな手を使ってくるのか。山瀬が出す右手のサインで決まる、星稜エースの投球から目が離せない。

文◎岡本朋祐(週刊ベースボール編集部アマチュア野球班)

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング