週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

得点圏打率5割超え! 楽天・渡邊佳明の勝負強い打撃の秘密とは?

 

新人ながら抜群の勝負強さを見せている楽天・渡邊


 得点圏打率は5割超え。楽天・渡邊佳明の存在感は日々増している。平石洋介監督も「とりあえずの佳明ではなく、勝負にいっての佳明」とその勝負強さを高く評価。その打撃スタイルは独特で、バットを寝かせてみたり、立ててみたりと打席によって、または1球1球、構えを変えることもある。

「構えは変わっていても、最終的に振る構えは一緒です。なので、バットの軌道は変わらないんです。予備動作をつけるか、つけないかだけ」

 それは大学時代からすでに確立されたスタイルで、その日の体調や体の変化、投手との相性によって変化をつけているという。

「例えば詰まっているときは早くタイミングを取るために、予備動作をつけてタイミングを取っています。同じ打ち方で4打席立っていても結果は出ないので、なにかしないと」

 打撃練習中に、その日の体に合う構えを見つけても、打席に立ち、再び試行錯誤する。自身の形を確立していながら、柔軟に対応する器用さが渡邊の武器だ。

 その柔軟さは守備にも生かされている。内野のユーティリティーとして入団したが、外野守備にも取り組み、出場機会は格段に増えた。本格的に外野を守るのはプロに入ってからだったというが、今では外野のスタメンに名を連ねることも多い。いまだに慣れないという外野守備。それでもチームには欠かせない存在となりつつある。

 入団当初は横浜高野球部の元監督「名将・渡辺元智の孫」と注目されたが、今は打席やお立ち台に上がるたびに大きくなる歓声をかみしめている。

「(ドラフト)6位だったので、一軍に出だしたときはあまりなかったんですけど、最近は(自分の)タオルやグッズを持ってくれている方が結構いるので、うれしいですね」

 グラウンドを出るのはいつも最後のほう。打席での対応力や内外野を守れるユーティリティーさ、それは練習の賜だ。さて、今日はグラウンドのどこからスタートするだろう。内野か外野か、それともベンチか。たとえベンチスタートでも、重要な局面でこそ、その姿を現す。打席ではどんな打撃を見せ、どんな渡邊佳明を見せてくれるのか――。

 簡単なポジションではないが、笑顔で躍動するその姿から目が離せない。

文=阿部ちはる 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング