週刊ベースボールONLINE

球界デキゴトロジー/8月14日

ムーアが17年ぶりの投手でシーズン2度の猛打賞(2002年8月14日)

 

投打で活躍して9勝目を挙げたトレイ・ムーア


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2002年8月14日だ。

 とにかくバッティングの好きな投手で、投げたいより打ちたくて交代に文句を言ったことがあるほどだ。横浜戦(札幌ドーム)で9勝目を挙げた阪神・ムーア。打っても3安打をマークし、通算50打数15安打で、打率を3割に乗せた。

 傑作だったのは4対1で迎えた9回表。一死後、代打が送られるかと思いきや、そのまま打席に。ムーアは期待に応え、細見和史から中前打を放った。そして、ここであらためて代走・梶原康司が送られた。

「バテたと言ってきたから、打席だけ立てと言ったんや」と星野仙一監督。「よく打つことはチームを助けることだ」とご機嫌のムーア。

 4月6日のヤクルト戦でも4打数3安打しており、シーズン2度目の猛打賞。投手で年間2度は、1985年の川口和久広島)以来で、17年ぶりのことだった。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング