週刊ベースボールONLINE

編集部コラム「Every Day BASEBALL」

阪神・小野泰己が感じた山本昌臨時コーチの効果とは?

 

山本昌臨時コーチ(右上)の話を真剣に聞く小野(左)


 ウォーミングアップのときから投手、野手関係なく声を掛けていく。臨時コーチとして高知県安芸市の阪神秋季キャンプで指導を行っている山本昌氏。江越大賀大山悠輔にも声を掛けていた。

 一方、ブルペンに入ると「そのカーブはすごいね!」「いい真っすぐだ!」と各投手のいいところを褒めながら指導している。何か助言するときには「オレの経験ではね」と押し付けるようなことはしていない。岩貞祐太横山雄哉の左腕投手は、ブルペン投球中でも積極的に質問していく。そこに強制的な雰囲気はなく、ブルペンは活気づいている。

 そんな指導の下、来季の活躍が期待される小野泰己も左肩の使い方に対してのアドバイスを受けていた。「僕の場合は、投げていくときに左肩の開きを数コンマ遅くする、開きを抑えることを言われました。実際にそれが出できたときは、軽く投げている感覚でも外角低めに伸びる球が投げられました」と小野はその効果を感じ取っていた。

 もともと球持ちの長い投手だけに、左肩を我慢してホームベース寄りギリギリまでキープできれば、真っすぐの伸びは今まで以上となり、打者はもっと打ちにくくなる。実際にブルペンで左肩を我慢した投球フォームで投げているときには、素人が見ていても軽く投げているように見えながら、キレのあるスピードボールが外角低めのミットに収まっていた。

 そのフォームは、以前メジャー取材時に見た355勝投手、グレッグ・マダックスのように軽やかだった。「僕もマダックスみたいに300勝以上できますかね?」とニコッと笑った小野。今季は春季キャンプ中に右ヒジの違和感もあり出遅れ、12試合登板で0勝に終わったが、小野自身の中で来季に向け、今何か道筋が見えているのかもしれない。

文=椎屋博幸 写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング