週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

【巨人2020年予想オーダー】「一番・二塁」吉川尚輝がベストな形か

 


【2020巨人予想オーダー】
1(二)△吉川尚輝
2(遊) 坂本勇人
3(中)△丸佳浩
4(三) 岡本和真
5(左)△G.パーラ
6(右) 陽岱鋼
7(一)△大城卓三
8(捕) 小林誠司
9(投) ――
※△は左打ち

 2019年は腰痛でシーズンを棒に振る形となってしまったが、吉川尚輝が一番に座る形がベストなのではないか。吉川尚はシーズン終盤には二軍で実戦復帰を果たしており(外野がメーンだったが)、現在は春に向けて精力的に自主トレ中。二番から四番は不動の3人で、吉川尚を加えたこの形で1シーズン戦い抜ければ理想的だ。五番には新助っ人のG.パーラが期待され、六番以降は流動的か。六番・右翼は亀井善行の可能性も高いが、阿部慎之助の抜けた左の代打の切り札としてベンチでにらみをきかせることができれば、これほど心強いことはない。それもこれも陽岱鋼のパフォーマンス次第だが、右の陽が六番に入ることでジグザク打線が完成する。ただし、大城卓三はマスクをかぶる機会もあり、その小林誠司はベンチで岡本和真のポジションも含めてシャッフルされることとなる。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング