週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

伊原春樹氏に2020年セ・リーグ順位予想を聞いてみた

 

昨年は巨人がセ・リーグを制したが……


 昨年のセ・リーグは原辰徳監督の下、巨人が5年ぶりのリーグ優勝を遂げた。果たして、2020年はどのチームがセを制するか。まだ、キャンプも始まってなく、時期尚早なのは承知の上、野球解説者の伊原春樹氏に順位予想を聞いてみた。

「難しいな……」と大いに悩みながら、伊原氏がひねり出した順位予想が以下だ。

 1位 広島(4位)
 2位 巨人(1位)
 3位 阪神(3位)
 4位 中日(5位)
 5位 DeNA(2位)
 6位 ヤクルト(6位)

「正直、1位から5位まではどこも優勝のチャンスはあると思う。昨年は巨人が丸佳浩を広島から獲得するなど日本で実績のある選手を獲得して、目に見える戦力アップを果たした。だけど、今オフはそういった球団がない。どこも若手の成長や新外国人、新人次第の面があるから。しかも、巨人は山口俊、DeNAは筒香嘉智がメジャー移籍。昨年の1位、2位チームから主力が抜けたわけだから。リーグ間で戦力差は縮まる。

 逆に広島はポスティングでメジャー移籍を目指していた菊池涼介が残留。これは広島にとって大きいよね。広島は新監督効果もあるかもしれない。佐々岡真司監督が就任して、空気が新しくなる。もともと18年まで3連覇して力のあるチームだったんだから息を吹き返す可能性は高い。中日も面白いね。昨年はセ最少の544失点でしょ。セ新記録の守備率.992とディフェンスが堅いから。やっぱり、野球は守り。得点能力の低い攻撃が課題だけど、うまくかみ合えば台風の目になるよ」

 キャンプやオープン戦を視察して、この予想は変わるのか。また、開幕前に予想を聞いてみたいと思う。

文=小林光男 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング