週刊ベースボールONLINE

2020春季キャンプ

【西武キャンプの焦点】“松坂効果”はどのように表れるのか?

 


“打高投低”からの脱却なるか――。連覇を果たしながら、2年連続チーム防御率はパ・リーグ最低に終わった西武。投手陣が打線におんぶに抱っこの状態を覆す地固めを今キャンプでできるか注目だ。「今年こそ、投手陣はやってくれるはず。そうじゃないとプロじゃない」と辻発彦監督も奮起を促す。昨季、高橋光成今井達也松本航本田圭佑ら若手投手陣が経験を積んだ。ドラフト1位の宮川哲、同2位の浜屋将太と楽しみな新戦力も加わった。激しい競争が成長の促進剤になるのは間違いない。

 さらに、やはり14年ぶりにチームに復帰した松坂大輔の存在も大きいだろう。「間違いなくプラスになる。いろいろなところでアドバイスできることもあるだろうし、松坂が練習に打ち込んでいる姿を見て感じることもあるはず。監督、コーチに言われるより、自分が見て、感じて、そこで『自分はこうやるんだ』とならないと一人前にはなれないから」と辻監督も“松坂効果”に期待をかけている。

 秋山翔吾が抜けた外野の一角もどのように埋めるのかも焦点だ。愛斗鈴木将平川越誠司とA班に抜擢された若手が台頭するのか、それとも内外野を守れるスパンジェンバーグが自慢のスピードを生かしたプレーでその座をつかむのか。新キャプテン・源田壮亮の動向、昨季の首位打者&パMVPの森友哉が守備面にどれだけ重点を置くのか、四番奪回に燃える2年連続本塁打王・山川穂高が果たす進化――。3連覇を狙うチームが開幕に向けて成熟していく様が楽しみだ。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング