週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

伊原春樹氏に2020年パ・リーグ順位予想を聞いてみた

 

昨年は西武がパ・リーグ連覇を遂げた


 昨年のパ・リーグは辻発彦監督率いる西武が球団では21年ぶりとなるリーグ連覇を遂げた。果たして、2020年はどのチームがパを制するか。まだ、キャンプが始まったばかりで時期尚早なのは承知の上、伊原春樹氏に順位予想を聞いてみた。その結果が以下だ。

 1位 ソフトバンク(2位)
 2位 西武(1位)
 3位 ロッテ(4位)
 4位 楽天(3位)
 5位 オリックス(6位)
 6位 日本ハム(5位)

「やっぱり、ソフトバンクは戦力が一番そろっているよね。昨年、2位に終わったのも柳田悠岐をはじめ、主力にケガ人が続出したことが大きかったから。それに今年は東京五輪開催のため、夏場に約3週間シーズンが中断する。ここ2年、西武は夏場に驚異的な強さを発揮して頂点に立った。投手の疲労度がピークに達するころ、西武の強力打線が火を噴いて相手を打ち負かし、優勝へ加速していったパターン。それが今年、夏場に試合が少なくなる。やっぱり、西武にとってはマイナスになるんじゃないかな。

 ロッテや楽天はオフに補強をしたけれど、まだソフトバンクに比べると、選手の“強さ”という意味では若干劣ると思う。順位はつけたけれど、2位から4位のAクラス争いは激しさを増すんじゃないかな。

 オリックスは若手投手が伸びてきているけど、メジャー通算282本塁打のジョーンズが加入したとはいえ打線が心もとないかな。日本ハムは投手陣に難があるよね」

文=小林光男 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング