週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

入団初年度にいきなり開幕四番を任された助っ人外国人は?

 

 今シーズンはオリックスアダム・ジョーンズ巨人ヘラルド・パーラ阪神ジャスティン・ボーアと実績のあるメジャーリーガーが助っ人として入団。いずれも打力に定評があり、クリーンアップでの活躍が期待される選手ばかり。開幕四番を任される可能性も十分にある。では、「入団した年にいきなり開幕四番を任された助っ人」は過去に何人いるのだろうか?

レジェンドから残念助っ人まで総勢48人



 今回は、過去30年で「入団1年目に開幕四番を任された助っ人」を調べ、各チームごとにまとめてみた。
※NPBの他球団でプレーした後に加入した外国人選手を除く
●巨人
2016年 ギャレット・ジョーンズ

●阪神
1995年 グレン・デービス
1999年 マイク・ブロワーズ
2001年 イバン・クルーズ
2014年 マウロ・ゴメス
2018年 ウィリン・ロサリオ

中日
1997年 レオ・ゴメス
2001年 オジー・ティモンズ
2003年 アレックス・オチョア
2009年 トニ・ブランコ
2016年 ダヤン・ビシエド

DeNA
1990年 ジョーイ・マイヤー
1993年 グレン・ブラッグス
2002年 マイク・グラン
2003年 タイロン・ウッズ

広島
1993年 ルイス・メディーナ
2011年 チャッド・トレーシー
2015年 ヘスス・グスマン

ヤクルト
1990年 ドウェイン・マーフィー
1999年 ロベルト・ペタジーニ
2009年 ジェイミー・デントナ


●西武
2000年 レジー・ジェファーソン
2001年 アレックス・カブレラ
2008年 クレイグ・ブラゼル

ソフトバンク
1991年 エディ・ウィリアムス
1995年 ケビン・ミッチェル

楽天
2005年 ルイス・ロペス
2013年 アンドリュー・ジョーンズ

日本ハム
1990年 マット・ウインタース
1992年 マイク・マーシャル
2003年 エンジェル・エチェバリア
2008年 ターメル・スレッジ

ロッテ
1993年 メル・ホール
1994年 ヘンスリー・ミューレン
1995年 ピート・インカビリア
1997年 マーク・キャリオン
2004年 イ・スンヨプ
2010年 金泰均
2017年 ジミー・パラデス

●オリックス
1994年 フランシスコ・キャブレラ
1995年 トロイ・ニール
1998年 ハービー・プリアム
2002年 スコット・シェルドン
2005年 クリフ・ブランボー
2012年 李大浩
2014年 ユニエスキー・ベタンコート
2016年 ブレント・モレル
2017年 ステフェン・ロメロ

 開幕四番を任された助っ人は過去30年で47人。懐かしい助っ人から現在もプレーしている選手までさまざまな名前が並んだ。

 最も多いチームはオリックスで、9人もの助っ人が開幕戦で四番に抜擢されている。次に多いのがロッテで7人、阪神と中日も過去5人の助っ人が開幕四番を任されている。一方、過去30年で一人しかいなかったのが巨人。2016年のギャレット以外は、日本人選手か、すでにNPBで実績を残している外国人選手を開幕四番に起用している。

 ちなみに、2004年に消滅した近鉄は1990年のジム・トレーバーだけだった。タフィ・ローズなど強打が自慢の助っ人が在籍したチームだけに意外な結果だった。

大抜擢に見事に応えた選手は?


ヤクルト・ペタジーニ


 いきなり四番を任されたとしても、残念ながら期待に応えられずにチームを去る選手も多い。しかし、中には好成績を残し、その後もチームの柱としてプレーした助っ人もいる。例えば2001年に西武の開幕四番を務めたアレックス・カブレラは、その年に49本塁打の成績を残すと、翌年も55本塁打を記録。圧倒的なパワーを武器に活躍した選手だ。

 また、ヤクルトのロベルト・ペタジーニは1年目で最多本塁打のタイトルを獲得。四番抜擢が正しかったことを証明し、その後もヤクルトの主砲として活躍した。トニ・ブランコやタイロン・ウッズも、同じく1年目から最多本塁打のタイトルを獲得して期待に応えた選手だ。2人は別チームに移籍した後も活躍を続けた。

 1年目にタイトルを獲得できなかったものの、その後もチームの主軸として活躍し続けた選手では、マット・ウインタースやレオ・ゴメス、トロイ・ニールが挙げられる。ウインタースは打力だけでなくパフォーマンスでもチームを盛り上げた選手。レオ・ゴメスとトロイ・ニールは、チームのリーグ優勝にも大きく貢献した。

 ダヤン・ビシエドも、大抜擢に応えて1年目から活躍し、現在も中日の主軸としてプレー。まだ30歳と若いため、よほど調子を落とさない限りは手放さないだろう。


 開幕四番を任されるかどうかは、春季キャンプとオープン戦の結果次第。首脳陣に強烈な印象を残し、四番に抜擢されるのは果たして誰なのか。また、過去のレジェンド助っ人に匹敵する成績を残す選手は現れるのか。今後の動向に注目だ。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング