週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

犬鷲のコブクロ奮闘中

 

打でアピールした小深田


 実力派の移籍組もおり、定位置争いが激化している楽天だが、新人選手も負けていない。ドラ1&ドラ2の「コブクロ」コンビが開幕一軍入りへ猛アピールを続けている。

 2月19日に行われたヤクルトとの練習試合(浦添)で「一番・二塁」として先発出場したドラフト1位の小深田大翔は5打数2安打1盗塁3得点と躍動。これで実戦デビューから4試合連続安打とした。特に初回先頭の打席では俊足を生かして三塁打とするなど、得意のスピードもアピール。「なるべく簡単にアウトにならないように」と、一番の役割も心得ていた。

 また、2位の黒川史陽も途中出場ながら2安打を放って存在感を示した。「自分は若いのでチームに勢いをつけられた」と胸を張る。キャンプでは同じポジションを守る浅村栄斗からアドバイスをもらうなど、貴重な時間を過ごしている。高卒新人で一軍キャンプを完走したのは過去に2人しかいないが、それも間近となっている。

 浅村、茂木栄五郎鈴木大地銀次と内野のレギュラー候補は固い。そこに「コブクロ」がどこまで食い込んでいけるか。三木肇監督が求める競争は確実に活発化している。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング