週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

西武の両助っ人が90分間の打ち込みで快音「Fine!」「カゾクミンナ、ゲンキデス!」

 

西武スパンジェンバーグ(左)、メヒア(球団提供)


 4月21日、西武・メヒアとスパンジェンバーグの両外国人は朝9時過ぎから11時前まで、ライオンズトレーニングセンターでバッティングマシンを相手に90分もの間、交互に打ち込みを行った。

 自主練習期間中は通訳が自宅待機のため不在だが、2人でコミュニケーションをとりながら、自らマシンにボールをセット。練習の合間には日本人のチームメートとも声を掛け合い、日本語、英語、スペイン語を飛び交わし明るいムードのなか快音を響かせた。

 スパンジェンバーグは、12日に都内の病院で第一子(長女)が誕生したばかり。母子ともに健康でとても元気だそうで、「Fine!」と喜びのコメントを聞かせてくれた。

 一方のメヒアも、家族は日本で暮らしており、「カゾクミンナ、ゲンキデス!」と笑顔で話した。この状況のなか、例年以上に家族と過ごせる時間がとれることを前向きにとらえている様子だ。今シーズンは2人の打棒に期待したい。

西武ライオンズ

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング