週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

ロッテがZOOMトレーニングを導入

 

ZOOMトレーニングのPC画面


 ロッテは4月下旬から、PCやスマホ、タブレッドで活用できるアプリ『ZOOM』を活用した『ZOOMトレーニング』をZOOMトレーニングコーチなどが主導で毎日、実施している。

 同トレーニングは2部制で行っており、第1部が10時00分〜10時40分、第2部が10時45分〜11時15分。まず、栄養学かトレーニングの講義を受け、トレーニングを開始するというカリキュラムで、毎日実施し、参加選手は1部、2部ともに、10〜15人程度の自主参加となってる。

 トレーニング内容は講義が10分、ストレッチ10分、体幹トレーニング10分、上半身のウエート・トレーニング10分、下半身のウエート・トレレーニング10分、インターバルトレーニング15分が基本的なサイクル。外出自粛が続き、限られた環境の中でも、体を鍛え上げている。

■楠貴彦コンディショニングディレクター兼育成統括コメント

パソコンの画面越しにアドバイスを送る菊地大祐トレーニングコーチ


「この事態の中でなにが最善かを考えて、千葉ロッテマリーンズは自宅待機を続けています。球場で2日に1回の自主練習が再開された中でも『密』を避けるために、選手には厳しい制限を設けさせていただきました。仲間同士が顔を合わすことが出来ない、トレーニングができない中で、我々はZOOMを活用して、オンラインでのトレーニングや栄養、トレーニング講座などを実践しています。はじめたころは選手たちもスマホやタブレットが上手く通じなかったり、どのような感じかさぐりさぐりで、1日に1人だけの日がありましたが、今では多くの選手に集まってもらい毎日開催しています。安田選手は精力的に参加してくれています。真面目に一生懸命汗を流してくれている印象です。この困難な状況の中、ZOOMトレーニングで鍛えた安田(尚憲)選手が今シーズン、ファンの皆様に勇気と感動を与えることを期待しています」

安田尚憲内野手コメント

自室で体幹トレを行う安田尚憲内野手


「最近は2日に1回、球団のコンディショニング部門が4月下旬から行ってくれているZOOMトレーニングを寮の自室で行っています。ZOOMトレーニングをしたのは初めての経験です。一つの方法としてありだなと感じました。ずっと自主練習をしている中で画面を通してでも、みなさんと一緒にトレーニングができるというのはとても楽しく、張り合いがあります。アドバイスもいただけますし、ちょっとした会話をするだけでも、つながっている感じがしてみんなも頑張っているのだから、自分ももっとやろうと頑張れます。自分で考えて行うのも、もちろん大事ですけど、自分では補えない部分はみんなで一緒に行う事で出来るのだということを、あらためて感じました」

写真=千葉ロッテマリーンズ提供

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング