週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

連続2ケタ勝利を継続中なのは誰? 最長は?

 

 2ケタ勝利は先発投手が目指す大きな目標の一つだが、10勝以上を記録するのはそう簡単ではない。たとえチームを支えるエースでも、何年も連続して2ケタ勝利を挙げるのは難しいのだ。では、現在連続して2ケタ勝利を続けている投手は何人いるのだろうか?

2ケタ勝利を続けている選手は5人しかいない!



 2019年シーズン終了時点で2ケタ勝利を2年以上続けている投手を調べたところ、以下のようになった。

千賀滉大ソフトバンク)4年連続
2016年 25試合 12勝3敗
2017年 22試合 13勝4敗
2018年 22試合 13勝7敗
2019年 26試合 13勝8敗

●菅野智之(巨人)3年連続
2017年 25試合 17勝5敗
2018年 28試合 15勝8敗
2019年 22試合 11勝6敗

大瀬良大地広島)3年連続
2017年 24試合 10勝2敗
2018年 27試合 15勝7敗
2019年 26試合 11勝9敗

クリス・ジョンソン(広島)2年連続
2018年 24試合 11勝5敗
2019年 27試合 11勝8敗

西勇輝阪神)2年連続
2018年 25試合 10勝13敗
2019年 26試合 10勝8敗

 現在連続2ケタ勝利を継続中の選手はわずかに5人しかいない。最長はソフトバンク・千賀で、2016年から4年連続でケタ桁勝利を継続中。次に長いのが巨人の菅野と広島の大瀬良で、3年連続で2ケタ勝利を記録している。大瀬良と同じく広島のクリス・ジョンソンは2年連続。オリックス時代に10勝を挙げ、その年のオフに阪神にFA移籍した西も2年連続で2ケタ勝利を挙げている。

 菅野は入団1年目の2013年から3年連続で2ケタ勝利を記録するも、2016年は9勝で記録がストップ。もしこの年10勝に到達していれば、入団から7年連続での2ケタ勝利だった。


 また、2019年シーズンに1ケタ勝利に終わり、連続2ケタ記録が途絶えた選手としては、楽天の則本昂大が挙げられる。則本はプロ1年目の2013年から2018年まで6年連続で2ケタを継続していたが、2019年は右ヒジ手術の影響で5勝。残念ながら出直しとなってしまった。

 ちなみにNPB記録は、通算350勝を挙げた米田哲也の「19年連続」が最長。現在4年連続の千賀が米田に並ぶには、あと15年2ケタ勝利を記録し続ければならない。そう考えると米田の記録は途方もないものだといえる。

 今シーズンは新型コロナの影響で試合数120試合と、従来のシーズンよりも23試合も少なくなる予定。先発投手の先発機会が減ることが予想され、そうなると2ケタ勝利も難しくなるだろう。千賀や菅野など2ケタ勝利継続中の投手は果たして記録を伸ばすことができるのか。その活躍に期待したい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング