週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

優勝の可能性は? 巨人が開幕3連勝したシーズンの成績は?

 


 巨人対阪神というライバル同士の対決となった今年の開幕戦は、巨人が鮮やかに3連勝。巨人と阪神による開幕3連戦は過去8回あったが、巨人の3タテはこれが初めてだ。巨人としてはリーグ連覇に向けて絶好のスタートとなった。今回は、同じように開幕3連勝を記録した年の「巨人のシーズン成績」をまとめてみた。

開幕3連勝は過去何度記録?


 1950年以降の成績を調べると、巨人の開幕3連勝は13回(1953年、1957年、1960年、1964年、1977年、1981年、1982年、1983年、1986年、1990年、1998年、2016年、2017年)。引き分けを挟んでの3連勝(2013年)を含むと14回だ。これらのシーズンのリーグ成績は以下のとおり。

・1953年 優勝(日本一)
・1957年 優勝
・1960年 2位
・1964年 3位
・1977年 優勝
・1981年 優勝(日本一)
・1982年 2位
・1983年 優勝
・1986年 2位
・1990年 優勝
・1998年 3位
・2013年 優勝
・2016年 2位
・2017年 4位

優勝:7回(50.0パーセント)
2位:4回(28.5パーセント)
3位:2回(14.3パーセント)
4位:1回(7.2パーセント)

 開幕3連勝を果たしたシーズンは50パーセントの割合でリーグ優勝を果たしている。優勝できなかったシーズンも2位が4回、3位が2回とAクラス入りの確率は92.8パーセントと高い。2017年のように無念のBクラス入りとなった年もあるが、開幕3連勝を達成した年はAクラス入りの可能性が非常に高いのだ。

 ちなみに、巨人に最も多く開幕スイープを食らっているのがヤクルト。国鉄時代から数えて6度(1957年、1960年、1964年、1986年、1998年、2016年)の開幕3連敗を喫している。

4連勝以上となると……


6月23日の広島戦で先発の戸郷が6回2/3を2失点の好投もあり巨人は開幕4連勝


 今シーズンの巨人は、阪神相手に開幕3連勝した後、続く広島との試合でも勝利を収め、見事に開幕4連勝を飾っている。そこで、巨人が開幕4連勝を飾った場合の「シーズン成績」をまとめてみた。

・1953年 優勝(日本一)
・1957年 優勝
・1977年 優勝
・1981年 優勝(日本一)
・1983年 優勝
・1990年 優勝
・1998年 3位
・2013年 優勝
・2016年 2位
・2017年 4位

 開幕4連勝は1950年以降10度あり、このうちリーグ優勝は7回。つまりV確率は70パーセントだ。また、今シーズンは開幕4連戦すべてで先発投手が勝利を挙げている。1950年以降で、同様に4戦すべてで先発が勝利を納めているのは1983年で、この年は見事にリーグ優勝を果たした。2リーグ制以前でも同様のケースは1939年と1941年の2度あり、どちらも優勝。巨人にとって非常に心強いデータだ。

 昨シーズンはリーグ優勝したものの、オープン戦でなかなか調子が上がらずに苦戦が予想された巨人だが、ふたを開ければ6勝2敗1分けで1位(6月28日時点)と順調なスタートを切っている。このまま好調を維持し、過去の開幕4連勝を果たしたシーズンのようにリーグ優勝できるのか、今後の戦いに注目したい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング