週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

最年少デビューは誰?/日本人メジャー何でもランキング

 

日本人メジャー第1号が最年少


エンゼルス・大谷翔平


・日本人メジャー年少デビュー

【年少デビューBEST5】
1 村上雅則  20歳3カ月
2 マック鈴木 21歳1カ月
3 田沢純一  23歳2カ月
4 大家友和  23歳4カ月
5 大谷翔平  23歳8カ月

 メジャー・リーグ公式戦デビュー時点での満年齢が一番若かったのは、日本人メジャー第1号の村上雅則。プロ2年目の1964年に米国野球留学し、そのシーズンのうちにデビュー。当時の南海は戦力が充実しており、優勝しても呼び戻されることがなかったのも運が良かった。2位のマック鈴木と3位の田澤純一は、日本のプロ野球を経由せずにアマ球界から渡米した組。4位の大家友和は渡米前の日本プロ野球で通算1勝2敗と、ほぼ実績を残していなかった。日本人がメジャーで活躍するにはプロ野球で実績を残し、ポスティングかFAで移籍するのが主流となった今では、20代序盤でのメジャー・デビューは難しい。大谷翔平が23歳8カ月でデビューできたのは稀有な例だ。

写真=Getty Images

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング