週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

アリエル・マルティネスの活躍でディンゴを思い出した

 

2000年に中日に在籍したディンゴ


 中日のアリエル・マルティネス捕手が活躍中だ。キューバ出身の24歳。育成枠3年目の今季、7月1日に待望の支配下登録。そのわずか2日後に一軍デビューを果たした。

 外国人捕手の出場は20年ぶりのこと。その20年前も実は同じ中日だった。オーストラリアのデーブ・ニルソン。登録名がディンゴだったと言えば、思い出すファンもいるだろう。

 ディンゴは現役バリバリのメジャー・リーガーだった。1992年にミルウォーキー・ブリュワーズに入団し、長く正捕手を務めた。野茂英雄とバッテリーを組んだこともある。

 20年前の2000年はシドニー五輪の開催年。ディンゴの夢は地元開催の五輪に代表として出場することだった。それを許さなかったブルワーズを退団し、許した中日に入団したのだった。
 
 シーズン途中の五輪期間中はチームを離れる。「それまでバリバリに打ちまくるさ」と語っていたディンゴだが、開幕してまもなく打撃不振で二軍落ちとなった。

 捕手としての出場はわずか1試合。中日の正捕手には中村武志がおり、主にレフトを守った。チームが期待していたのは捕手としてではなく、その豪快な打撃だったのだが……。

 ディンゴが日本で残した成績は18試合の出場で、打率.180、1本塁打、8打点。まったくの期待外れだった。五輪が開催される前の7月28日の巨人戦(ナゴヤドーム)が最後の出場となった。

 母国を愛するディンゴは現在、オーストラリアの代表監督を務めている。ディンゴ監督の眼には、現在のマルティネスの活躍はどのように映っているだろうか。

 ちなみにディンゴという登録名は本人のニックネーム。オーストラリアに生息する野犬の一種のことである。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング