週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

青木宣親は日米通算2500安打も通過点…史上3人目の3000安打到達も

 


 超一流と呼ばれる選手も年齢による衰えは抗えない部分がある。だが、この選手は違う。38歳のヤクルト・青木宣親は7月30日現在で打率.336、6本塁打、19打点をマーク。昨オフに主砲のバレンティンが退団。山田哲人も上半身のコンディション不良で27日に登録抹消された中、チーム野手最年長の青木が打線を牽引している。

 3度の首位打者を獲得し、NPB史上唯一の2度のシーズン200安打を達成。昨季終了時点でNPB歴代最高通算打率.326とまさにレジェンドだ。青木のすごさは年を重ねてもパフォーマンスの高さを維持しているところにある。メジャーから日本球界に復帰した2018年は127試合出場で打率.327、10本塁打、67打点をマーク。昨季は134試合出場で打率.297、16本塁打、58打点。脚力は全盛期より落ちているが、天才的なバットコントロールは錆びついていない。

 ヤクルトのチームメートたちは「青木さんは練習量がすごいし、集中力もすごい。普段は気さくに話しかけてくるけど、打撃練習で打ち込んでいる時は話しかけられないほど集中している」と口をそろえる。天賦の才だけでなく、積み重ねた努力の質と量が打撃職人の礎になっている。青木と同様に名球会入りしている早大で同期の鳥谷敬ロッテ)、1学年下の内川聖一ソフトバンク)が若手の台頭もありスタメンで出場することが厳しくなっている状況を考えると、そのすごさが際立つ。

 過去の最年長首位打者は1979年の大洋・ミヤーン、89年の巨人クロマティ、08年の楽天・リックの36歳シーズン。青木は39歳シーズンで首位打者に輝き、この記録を塗り替える可能性は十分にある。また、安打数も金字塔が見えてきた。昨季まで日米通算2365安打を積み上げている。2500安打は通過点に過ぎないだろう。張本勲イチローの2人しか過去に達成していない通算3000安打も青木なら不可能ではない数字だ。

 昨年末、高津臣吾監督から「お前じゃないとダメだ」と指名され、球団では08年の宮本慎也に並ぶ最年長の主将に就任した。「今までの自分の言動や行動を見て、キャプテンに指名してくれたと思っているので、自分らしくやるのが一番大切。周りの選手、スタッフに対していい影響を与えられるようにしたい」と話していたとおり、試合中は誰よりも声を張り上げてチームを鼓舞する。打撃だけでなく、「野球人」として青木の生き様は若手の良きお手本になるだろう。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング