週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

悲願の初Vに向けてライオンズジュニア始動! おそろいのチームウェアに「チームの一員になったと実感」

 

2020年度埼玉西武ライオンズジュニアチームのスタッフ、メンバー(球団提供)


 大粒の冷たい雨が降る中、ライオンズ トレーニングセンター(室内練習場)には16人の“若獅子”ならぬ“子獅子”たちの姿があった。応募のあった総勢362名の中から選ばれたライオンズジュニアのメンバーたちだ。同ジュニアはこれから約3カ月、“チーム”として練習や練習試合を積み重ね、12月29日(火)から31日(木)まで関東(横浜スタジアム・明治神宮野球場)で開催される「NPB12球団ジュニアトーナメント2020」に出場する。

 10月10日には、同センターで全体練習を実施。メンバーたちは、キャッチボールやシートノック、バッティングやポジション別の練習などで約3時間汗を流した。

「セカンド! セカンド!」「ショート! ナイスカバー!」。練習中、誰よりも声を出していたキャッチャーの蜂巣祥万(はちす・しょうま)君(小学6年生)は当日の練習前にチームのキャプテンに任命された。

“Lions”と胸に入ったチームウェアに初めて袖を通すと、「うれしいです! やっとチームの一員になったんだなと実感が湧きました!」と喜びの顔を見せた。今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、毎週末楽しみにしていた少年野球の練習に行けない日々が続き、「1番大好きな野球ができなくてつらかったです」。それでも、「毎日、お父さんと練習をして人よりうまくなろう」と逆に燃えたそうだ。

ライオンズジュニアのキャプテンを務める蜂巣君(球団提供)


 9月にライオンズジュニアの合格を知ったときは「とにかくうれしかったです。元プロ野球選手に教わることで技術の向上につながると思いました」と目を輝かせた。「チームとしての目標は全員野球で優勝。そのために、僕はキャッチャーとして声で皆を盛り上げます」と話す蜂巣君の力強い言葉に、迷いはない。

「自分が小学生のころにはこういう機会はなかったから、うらやましくもありますね」と語るのはこのチームで指揮を執る星野智樹監督(現・ライオンズアカデミーコーチ)だ。だからこそ、子どもたちには「野球を通して良い経験をしてもらいたいのが1番。はたから見て“楽しそうに野球やっているな”と思われるチームを作りたい」という。

 ただ、楽しさだけではなくどうすれば戦いに勝つことができるかを伝えるのも星野監督の使命。「勝負の中では厳しいことだってある。勝つためにはどういう気持ちを持って戦えば良いのか、一緒に指導するコーチ陣と話し合いながら伝えていきたい」と指揮官の顔をのぞかせた。

「最後は笑顔で終わりたいね。もちろん初優勝も目指しますよ」と語る星野監督のもと、悲願の初優勝を目指し、どんなチームに成長していくのかが楽しみだ。

西武ライオンズ

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング