週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

慢心なき首位打者・オリックス 吉田正尚

 

打率.350で首位打者に輝いたオリックス吉田正尚


 まさに孤軍奮闘の活躍だった。

 開幕からチームが下位に沈む中で三、四番を担う主軸として打線を鼓舞し続けたのがオリックス・吉田正尚だ。豪快なスイングで右方向への強烈な打球を放つだけでなく、外角球に対しては華麗に流し打ち、8月11日から9月6日まで24試合連続安打をマークするなど、好調を維持した。

“剛”と”柔”を兼ねる巧みなバットコントロール。全120試合に出場し、無安打は、34試合と、打率.350のハイアベレージを残して初のタイトルに輝いた。それでも、「そこそこ」「まだまだ」が口をつくから恐れ入る。

「納得できかった打席もあるし、打たされてゴロの打球も多かった。それに、長打も少ない。本塁打や打点など、ほかの成績を見れば、上には上がいますから」

 あくなき向上心。ゆえの探求心が好成績の要因だ。

「自分の中で考えて打席に立つ。だからしっかりボールを仕留められる」とベンチやネクスト・サークルからの準備も欠かさず。「例えば、決め球が何だったのか、など。そういう配球を見て、じゃあ僕の打席で、どんな攻め方をしてくるのか考えているんです」と狙いを定めた成果が表れたのが.395をマークした初球打率だった。

 その一方「長くボールを見るためにも追い込まれたら逆(左)方向を意識する」と、2ストライク時も打率3割超を記録。規定打席到達者で最小の29三振と、入団時から口にする「幅のある打撃をしていきたい」は意識と数字が物語る。

 それでも目指すものは常に先にある。

「すべてのタイトル争いに加わる」と、究極の目標は“全冠”だ。

 初の首位打者獲得も、慢心の2文字はない。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング