週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

リード面を向上させ正捕手再奪取を誓うオリックス・若月健矢/チームリーダーの1年

 

今季は75試合に出場し、打率.240、3本塁打、19打点をマークした若月


 向上を期したのは打撃だった。選手会長も務める扇の要は、昨季キャリアハイとなる138試合に出場も、打撃面では振るわず。打率.178、1本塁打、21打点に終わった。それだけに「大幅に(打撃成績を)上げないといけない。大幅アップ。全部、全部です」と打撃強化に着手。オフの間も「打撃力向上」を掲げて、大阪・舞洲の球団施設で打ち込んだ。その成果が顕著に表れた。

 右足に体重を乗せ、ボールを呼び込んだポイントではじき返す――。後藤光尊打撃コーチの助言もあってフォームを改良し、7月21日の楽天戦(楽天生命パーク)では満塁弾を記録。最終的には打率.240、3本塁打をマークした。だが、“捕手”としては、不本意な1年に。チームは開幕から連敗が込むと、1度も貯金を作ることなく最下位。中盤戦以降は自身もスタメンマスクを伏見寅威頓宮裕真に渡すことも増えていった。

 扇の要を守る選手会長は、責任感をにじませる。本拠地最終戦の11月6日の試合後には「不甲斐ない結果に終わってしまい、申し訳ございません」とファンに頭を下げた。今季途中からチームを指揮した中嶋聡監督代行は、背番号37をベンチスタートにしても「若月も勉強ですよ」と寄せる期待は変わらない。

 持ち前の守備力に打撃も向上。あとは、チームを勝利に導くリードを培うだけ。元捕手の新指揮官の下で、正捕手再奪取を誓う。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング