週刊ベースボールONLINE

プロ野球回顧録

51歳で逝去…王貞治にあこがれて「一本足打法」で通算277本塁打の長距離砲は

 

94、96年に38本塁打をマーク


長距離砲として中日で才能が開花した大豊


 ソフトバンク球団会長の王貞治氏が巨人で現役時代に樹立した前人未到の868本塁打。「一本足打法」からスタンドに運ばれる美しい放物線にあこがれ、多くの選手がこの打法に挑戦したが成功したケースは皆無に近い。それほど習得が難しい打法で、同郷の王氏に憧れた台湾人の少年がいた。日本で通算277本塁打をマークした左の長距離砲・大豊泰昭だ。

 大豊は台湾・華興高の時に世界大会で優勝するなど強打者として知られていた。王氏にあこがれて日本球界行きを希望するが、兵役の関係から20歳にならないと出国できないため、卒業後に母校でコーチを2年間務めた。21歳で来日すると、名古屋商科大に進学してリーグ新記録の24本塁打をマーク。日本代表にも2度選出された。ただ、この時はまだ一本足打法でない。卒業後は日本人選手としてNPBに入団するため、中日の球団職員で1年間在籍し、89年に中日に入団。25歳で夢を叶えた。当時の王氏のシーズン最多本塁打記録の55本を目標に掲げ、背番号は「55」に決まった。

 新人で14本塁打、2年目に20本塁打、3年目に26本塁打と順調だったが、4年目は11本塁打と伸び悩む。同年オフの秋季キャンプで臨時コーチとして訪れた張本勲に勧められたのが、「一本足打法」だった。真面目な性格の大豊はあこがれの王氏に少しでも近づこうと、並外れた練習量に加え、テレビを見ている時も一本足で立って過ごすなど日常生活から必死の努力を重ねた。

阪神ではすり足で結果を残したが、再び一本足打法に挑戦した


 野球の神様は大豊を見ていた。94年に打率.310、38本塁打、107打点で本塁打王、打点王に輝く。96年もタイトル獲得はならなかったが38本塁打をマーク。球界を代表するスラッガーとして名を馳せる。一本足打法へのこだわりはすごかった。成績が下降線をたどり、阪神に移籍2年目の99年。野村克也監督の助言で「すり足打法」にフォーム改造して打率.341、18本塁打の好成績だったが、翌00年に一本足打法に再転向した。最後は古巣の中日に復帰して02年限りで現役引退。14年間のプロ野球人生で1324試合出場、打率.266、277本塁打、722打点と立派な数字で球史に名を刻んだ。

引退後の苦闘


 引退後は名古屋市内で中華料理店「大豊飯店」を開いたが、数年後に前妻が突然の心筋梗塞に倒れ、45歳の若さで急逝する。2人の娘を育てるため必死に働いていた大豊にも病魔が襲いかかる。09年に急性骨髄性白血病を発症。妹の骨髄を移植して一時は回復したが再発。岐阜県海津市に店を移していたものの、14年10月に治療に専念することに。「大豊泰昭はこの病気を克服し、またみなさまに再会できるよう強い意志で病気と闘います。その時は、1番の笑顔で店に立ち、夢の続きをみなさまと一緒に見たいと思います。本当に今までありがとうございました。大豊の運勢と生命力をかけて、必ず復活します。また、逢いましょう。野球人 大豊泰昭」と店のホームページに綴った。

 病魔と必死に闘ったが、15年1月18日に帰らぬ人となる。享年51歳。現役時代は寡黙でストイックなイメージが強かったが、後輩にも気さくに話しかけるなど優しく穏やかな人柄で知られていた。大豊飯店でも笑顔を絶やさず、お客さんに愛されていたという。大豊の一本足打法は野球ファンの記憶に永遠に生き続ける。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング