週刊ベースボールONLINE

背番号物語

【背番号物語】DeNA「#18」“横浜ナンバー”の系譜は波乱万丈。カミソリシュートの元祖、28連敗、完全試合……

 

38年ぶり日本一の98年に


背番号を「18」に変更した98年、12勝を挙げて優勝に貢献した三浦


“横浜ナンバー”と聞いて、バブル期の都市伝説を真っ先に思い出すのは古い人間なのかもしれない。いま“横浜ナンバー”といえば、横浜(現在のDeNA)が38年ぶり2度目のリーグ優勝、日本一に輝いた1998年に「46」から背番号を変更し、低迷していくチームで孤軍奮闘した三浦大輔の「18」のことだ。リーゼントのヘアスタイルとともに、トレードマークとなっていた背番号。車につけて女性をナンパするツールではなく、“ハマの番長”が最後まで背負い続けた硬派の象徴でもある。

 三浦はチーム名が横浜大洋ホエールズだった92年に入団。ドラフト6位という下位で指名された18歳のルーキーだったが、1年目から一軍のマウンドを経験して、自身の2年目、チームが横浜ベイスターズとなった93年にプロ初勝利を挙げると、その後は着実に成長を遂げる。97年には初の2ケタ10勝。迎えた98年には自己最多の12勝を挙げて、38年ぶりの快挙に貢献した。

 だが、そこからチームは失速する。三浦は2000年から2年連続11勝も、02年からは故障や手術もあって精彩を欠き、チームも3年連続で最下位に沈んだ。それでも、05年からは2年連続でリーグ最多投球回と投げまくり、その05年は自己最多に並ぶ12勝に加え、防御率2.52、177奪三振で初タイトルとなる最優秀防御率、最多奪三振の投手2冠に輝いて復活。2段モーションで軸足に重心をためて、抜群の制球力で外角を中心に投球を組み立てるスタイルの集大成だった。

 しかし、なかなかチームは浮上せず。さらにオフ、2段モーションが禁止される逆風。三浦は大幅にフォームを変えて07年と09年にも11勝を挙げたが、これが最後の2ケタ勝利となる。ベテランの域に入ってからもチームには三浦を超える存在は登場せず、長くエースとしてチームを支え続けた。プロ25年目、16年いっぱいで現役引退。打ちまくられながらも投げ続けた引退試合は、その波乱万丈のキャリアを象徴するようだった。

 そして、「18」は“横浜ナンバー”として欠番となったが、DeNAの歴史において、ひとつの背番号が特別な扱いを受けるのは異例。あっさりというか、あっけらかんというか、功労者の背番号も簡単に後進へ与えることが多く、一般的にエースナンバーという印象が強い「18」もエースの系譜ではない。だが、三浦のキャリアと同様、波乱万丈の顔ぶれだ。

【DeNA】主な背番号18の選手
今西錬太郎(1950〜52)
権藤正利(1954〜63)
佐々木吉郎(1965〜69)
鵜沢達雄(1973〜78)
広瀬新太郎(1981〜85)
岡本透(1988〜95)
三浦大輔(1998〜2016、19〜20)

敗れて不屈、低迷期を支え


91年に背番号「18」で11勝をマークした岡本


 チームの通算最多勝は“カミソリシュート”を武器に201勝を挙げた「27」の平松政次だが、「18」の初代も巨人の“打撃の神様”川上哲治をして「カミソリのよう」と言わしめたシュートを駆使した今西錬太郎だった。阪急(現在のオリックス)から大洋の結成に参加した右腕だが、3年間で阪急へ復帰。54年に継承した権藤正利は3シーズンにまたがってプロ野球ワーストの28連敗を喫しながらも復活を遂げた左腕利だ。

 続く佐々木吉郎は「18」2年目の66年に完全試合を達成。3年間の欠番を経て継承した鵜沢達雄が巨人の王貞治に通算700号を献上したのは「18」4年目の76年のことだ。続いたドライチ左腕の広瀬新太郎は85年の1勝から3チーム目のヤクルトで挙げた91年の1勝まで6年間、勝ち星に恵まれなかった。87年に後継者となった助っ人のレスカーノは外野手で、ゲーム2本塁打を放ったかと思えば、そこから22打席連続無安打で突然の引退。続いた左腕の岡本透は91年に11勝を挙げるなど低迷期を支えたが、95年シーズン途中に松浦宏明とのトレードで日本ハムへ移籍、新たに「18」となった松浦もオフに引退し、続いた助っ人で右腕のバークベックも翌96年シーズン途中に退団。1年の欠番を経て背負ったのが7年目の三浦だった。

 三浦がDeNAの「18」を特別なナンバーに昇華させたことは確かだが、系譜の集大成が三浦だったようにも見える。19年にコーチとして、翌20年は二軍監督として「18」を背負った三浦だが、迎えた21年は一軍の監督として「81」に。選手としての三浦の後継者を待つべく、ふたたびDeNAの「18」は雌伏の時を迎えた。

文=犬企画マンホール 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング