週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

4打席で3三振からプロ初本塁打。西武・ブランドンの好きな言葉は“I can do it.”

 

3月30日の日本ハム戦でプロ初本塁打を放ったブランドン


 高めに浮いた変化球をしっかりと仕留めた。3月30日、日本ハム戦(札幌ドーム)。2回一死一塁で西武のドラフト6位・ブランドンがプロ初安打となる2ランを左翼席へ放った。

「伸びてくれ、という思いで打球を見ていました。あの場面はエンドランでしたし、とにかく打ちにいく、という気持ちでバットを振りました。ホームランになって良かったです」

 2打席目は犠打を決め、3打席目は中前適時打。4打席目は犠飛も放ち、この試合、2安打4打点で11対4の大勝に貢献した。

 開幕2戦目、27日のオリックス戦(メットライフ)に「八番・三塁」でスタメン出場。プロ初打席は空振り三振に倒れるなど、3打数2三振。翌28日の同カードでも8回、打席に立ったが空振り三振と結果が出なかった。

 だが、持ち前の積極性は失わなかった。好きな言葉は“I can do it.”。

「父(アメリカ人の父デイビッドさん)から『お前ならできるよ』とずっと言われてきました。高校、大学でもそうですけど、『自分ならできる』と強い気持ちを持ちながら、野球と向き合っていましたね。常に、まだまだこれからというか、自分に可能性があるなというのを思いながらやっています」

 長いシーズン、多くの壁が立ちはだかるだろうが己を信じて戦っていく。

文=小林光男 写真=榎本郁也

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング