週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

パ・リーグ6球団 最もチームに貢献している若手選手は誰?

 

オリックス・バファローズ



 高卒2年目、19歳さとは思えぬ圧巻の安定感で、早くも2勝をマークしているのが宮城大弥だ。最速153キロのストレートに、スライダー、チェンジアップ、さらに速度の異なる2種類のカーブを自在に操り打者を翻ろう。投球直前に「打たれていると思って」と球種を変えるなど、嗅覚も優れている。昨季一軍デビューし、すでにプロ初勝利は挙げているものの、課題に挙げていた「ランナーがいると慌ててしまう」をキャンプのブルペンから想定して克服。2試合計15回を投じて、わずか2失点(自責点1)、防御率0.60と安定感ある投球は、昨季の経験を力に変えているからにほかならない。まだシーズンは序盤だが、2ケタ勝利も現実的だ。

福岡ソフトバンクホークス



 高橋礼の先発再転向により少し手薄になった中継ぎ陣。その穴を勢いのある若手が埋めていきそうだ。2年ぶりに一軍登板を果たした高橋純平田浦文丸も楽しみだが、ここまでいいアピールをしているのが津森宥紀と杉山一樹。津森は4月6日の日本ハム戦(札幌ドーム)でアクシデントで降板した千賀滉大のあとを受け緊急登板。そこから4者連続三振を奪うと、日をまたいで7日の同戦でも三振を奪った。「負けん気だけは強いんで!」と語る右腕らしい堂々たる投球で打者をねじ伏せる姿は、見ていて気持ちがいい。また、杉山は開幕前から工藤公康監督も勝ちパターン入りを示唆。若干、球の荒れ具合が気になるものの、やはり最速158キロの剛速球は迫力十分。7日の日本ハム戦(同)では1イニングを抑えてプロ初勝利を挙げた。ここからさらに信頼を勝ち取り、登板数を伸ばしていく。

千葉ロッテマリーンズ



 身長191センチ、体重92キロと立派な体躯を誇る大型右腕・土居豪人が満を持して一軍デビュー。150キロ超のストレートに、フォーク、カットボール、ツーシームを投げ込み、高卒3年目の21歳ならが打者を圧倒。オープン戦では6試合で無失点と好成績を残して開幕一軍を勝ち取った。ソフトバンクとの開幕戦(PayPayドーム)でのプロ初登板こそ、1イニング2失点を喫したが、その後は3試合で無失点投球。吉井理人投手コーチが「土居魔神」と呼ぶなど、将来のクローザー候補が、順調に経験を積んでいる。

埼玉西武ライオンズ



 すでにチームに欠かせない存在となっている。今季、ドラフト4位で駒大から入団した若林楽人。キャンプはA班(一軍)スタートで、そこからずっと一軍に食らいついている。スピード感あふれるプレースタイルが真骨頂だが、攻守でそれを存分に発揮。4月8日現在、4盗塁はリーグトップの数字だ。打撃ではパンチ力もある。7日の楽天戦(メットライフ)では5回に則本昂大のカーブをとらえ、左翼席へプロ1号本塁打。「前の打席で真っすぐをセンター前に打てたので、この打席でも真っすぐに合わせていました。カーブが来ましたが、あとはタイミングでうまく打つことができました」。辻発彦監督からの評価も高く、スタメン出場も増えていきそうだ。

東北楽天ゴールデンイーグルス


楽天・武藤敦貴


 石井一久GM兼任監督の秘蔵っ子として、高卒2年目にして開幕一軍の座を勝ち取った武藤敦貴。「守備ではすごく申し分ない働きをしてくれている」と指揮官が語るように、試合終盤の外野での守備固めが主な役割だ。宮崎・都城東高出身で、俊足強肩を武器とする左投げ左打ちの外野手。八番・右翼としてプロ初スタメン出場となった4月3日のオリックス戦(楽天生命パーク)では無安打に終わったものの、2回に初盗塁をマーク。6日の西武戦(メットライフ)では8回に代走で登場すると、9回一死から中前へプロ初安打を放った。「やっとスタートラインに立てた」と喜ぶ19歳。バットでもアピールを続ける。

北海道日本ハムファイターズ


日本ハム・野村佑希


 2年連続開幕スタメンの座を勝ち取った野村佑希が順調なスタートを切っている。周囲から飛躍を期待されて臨んだプロ3年目。正三塁手奪取という明確な目標を持って万全の準備をしてきた。3月26日、開幕の楽天戦(楽天生命パーク)で涌井秀章から今季初安打を放つと、翌27日は決勝の2点適時二塁打でチームの初勝利に貢献。その後は中軸も任され、開幕から6試合連続安打をマークした。3カード目のロッテ戦(札幌ドーム)では、「いなくなっては困る存在」(栗山英樹監督)だからこその休養で2試合欠場したものの、4月8日時点で打率.303(リーグ7位)と好調をキープしている。開幕11試合で1勝と歴代ワーストの苦しいチームを救うのは、若い力だ。


写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング