週刊ベースボールONLINE

大学野球リポート

優勝争いのポイント。東京六大学監督が明かした期待する「新戦力」とは?

 

新チームで挑む春


東京六大学野球連盟は4月8日、春季リーグ戦開幕(同10日)を前に監督・主将による記者会見を開いた(左から早大・小宮山監督、慶大・堀井監督、明大・田中監督、立大・溝口監督、法大・加藤監督、東大・井手監督)


 東京六大学リーグ戦は4月10日、神宮球場で開幕する。開幕を2日後に控えた8日、東京都内で監督・主将による記者会見が開かれた。

 昨秋から選手が入れ替わり、新チームで挑む春。最も興味があるのは「新戦力」であり、各校の監督が具体名を挙げた。

▼早大・小宮山悟監督
「1年生は春のリーグ戦で、出る場所がありません。2年生では、習志野高校出身の飯塚(脩人)を投げさせようと思っている」

 飯塚は高校3年春のセンバツ準優勝投手。夏の甲子園出場へ導き、侍ジャパンU-18代表でもリリーバーとして活躍した右腕だ。

▼慶大・堀井哲也監督
「本間(颯太朗)は4年生・正木(智也)、3年生・下山(悠介)、2年生・廣瀬(隆太)のレベルのポテンシャルがある。(レギュラー争いに)絡んでくる可能性がある」

 堀井監督が挙げた先輩3人は、慶應義塾高出身で1年時からバットで存在感を発揮。同校出身の本間にも、指揮官がかける期待は自然と大きくなる。

▼明大・田中武宏監督
「新入生5人が社会人対抗戦(対セガサミー、4月4日)に出場しましたが、横山(陽樹、作新学院高)は捕手としての能力が高い。宗山(塁、広陵高)、池田(凜、履正社高)もなるべく早く、経験させたい」

 池田は2年夏の甲子園で全国制覇を経験しており、3拍子そろった内野手である。

▼立大・溝口智成監督
「1年生は内野手でポテンシャルの高い選手が入ってきました。計算するまでにはいきませんが、指定校推薦で入学した齋藤大智(東北高)は守り、打撃ともに戦力になる」

 齋藤はすでに「ユニフォーム祝福・推戴式」でRIKKIOのタテジマを手にしており、飛躍が期待だ。

▼法大・加藤重雄監督
「1年生は3月20日過ぎに合流したばかりで、ベンチ入りは考えていません。フレッシュリーグ(2年生以下)からの出場になる。上級生を中心に戦っていきますが、2年生では尾崎(完太、滋賀学園高)、武冨(陸、日大藤沢高)が十分に戦力になっている」

 今春は主将・三浦銀二(4年・福岡大大濠高)と山下輝(4年・木更津総合高)、古屋敷匠眞(4年・八戸工大一高)、平元銀次郎(4年・広陵高)と最上級生を軸とした布陣となりそうだが、尾崎、武冨の両サウスポーは来年以降の法大投手陣を担う存在と言える。

▼東大・井手峻監督
「2年生では甲子園組の別府(洸太朗、東筑高)と梅林(浩大、静岡高)、投手では鈴木(健、仙台一高)が春のリーグ戦でデビューする」

 別府と梅林は東芝との社会人対抗戦(4月2日)でも代打出場しており、ここ一番の場面での起用が注目されるところだ。

 果たして、指揮官の思いを受け、どのようなパフォーマンスを発揮するのか。新戦力の台頭はチームに勢いをもたらすだけに、優勝争いの一つのポイントになりそうだ。

文=岡本朋祐 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング