週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

西武が埼玉県内の小学1年生約6万人にオリジナル・ベースボールキャップをプレゼント

 

高橋朋己アカデミーコーチとキャップを受け取った児童(球団提供)


 西武は4月9日、から順次、埼玉県内の小学校や特別支援学校に通う新1年生約6万人に、「ライオンズオリジナル・ベースボールキャップ」をプレゼントすると発表した。初日の9日は昨年限りで現役を引退し、今年ライオンズアカデミーコーチに就任した高橋朋己が所沢市の小手指小学校を訪問し、1年生に「ライオンズオリジナル・ベースボールキャップ」を直接手渡した。

 この活動は、「元気いっぱいの笑顔で外遊びや身体を動かすこどもたちの健全な成長を応援したい」という願いを込めて2018年から実施しているもので、今年で4年目。西武は今後も「地域と共に」歩んでいく球団として、自治体や学校などと連携し、スポーツを行うきっかけの創出や、自由に野球、スポーツができる環境整備の支援など、積極的な地域活動を推進していく。

◎高橋朋己ライオンズアカデミーコーチ コメント
「この活動が始まった2018年に、小手指小学校に訪問したことを鮮明に覚えています。当時から現在までこの活動を継続していることもあって、球場にもベースボールキャップをかぶって応援に来てくれる小学生が増えていると聞いています。新1年生の皆さんにも、このベースボールキャップの配布をきっかけに、野球に触れあってみたり、友だちと元気よく外でたくさん遊んでほしいですね。ただし、親御さんは新型コロナウイルスの感染防止対策をちゃんとしてあげてくださいね!
 僕はアカデミーコーチとして野球の指導のほか、埼玉県内の小学校にも訪問する機会がありますので、そのときはぜひ、皆さんの元気な姿を見せてくださいね。もちろん、アカデミーでも待っていますよ!」

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング