週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

田中正義、佐々木千隼らが1位指名されたが…パ・リーグ6球団「2016年ドラフト指名組」の出世頭は?

 

2016年のドラフトでは1位で田中正義ソフトバンク佐々木千隼ロッテに指名されて入団した。この年の指名選手は今年で5年目を迎えるが、“出世頭”と言える選手は果たして誰か? パ・リーグ6球団の「2016年ドラフト指名組」の現状を見ていこう。
記録は7月9日現在

オリックス・バファローズ



 即戦力の期待どおりドライチの山岡泰輔が新人年から先発ローテーション入りと投手の大豊作年だ。中でも最大の“出世頭”は4位の山本由伸。1年目の8月に一軍デビューを果たすと、2年目はセットアッパーとしてブレークし、3年目から先発再転向して今やエースとしてチームを支える。ほかにも2位の黒木優太、8位の澤田圭佑、育成1位では張奕、同2位では榊原翼もいる。トミー・ジョン手術を受けた6位の山崎颯一郎も、7月8日の楽天戦(京セラドーム)でプロ初先発し、5回無失点と好投。大器の片りんを示すなど、多くの投手がチームの中心となっている。

千葉ロッテマリーンズ


ロッテ・佐々木千隼


 史上初の第2回入札(外れ1位)で、5球団が競合した佐々木千隼が台頭してきた。1年目の2017年は開幕先発ローテーション入りも以降は伸び悩み、翌18年は右ヒジを痛めて開幕二軍スタート。すると6月に「痛みがなくなるのなら……」と手術を決断した。リハビリを経て19年7月に656日ぶりの復活勝利を挙げ、昨季からは救援登板に。今季は開幕から安定した投球を続けると、唐川侑己が首痛で離脱してからセットアッパーとして奮闘している。29試合登板で防御率0.84と安定感は抜群で、オールスターにも監督推薦で初出場を決めた。今季の前半戦MVPと言っていい活躍だ。

東北楽天ゴールデンイーグルス


楽天・森原康平


 2位の池田隆英日本ハムへ、9位の高梨雄平巨人へ移籍。投手の中で最も多くの実績を残しているのが5位の森原康平で、3年目の19年には64試合に登板して29ホールドとセットアッパーとしてチームに貢献した。だが20年は救援に回るも定着できず。現在は再び中継ぎとして巻き返しを図っているところだ。1位の藤平尚真は先発として期待されるも、5年目の今季も先発ローテーションに食い込むことができないまま。一方の野手では、スイッチヒッターの3位・田中和基が2年目の18年に105試合に出場して18本塁打、21盗塁と活躍し、新人王に輝いた。それでも現在はレギュラー定着に至っていない。奮起が求められる「2016年ドラフト指名組」だ。

福岡ソフトバンクホークス


ソフトバンク・三森大貴


 2016年のドラフトは大本命だった田中正義を1位で5球団競合の末に引き当てたとあって、支配下選手の指名はわずか4人で終わった。その田中が即戦力と期待されるも結果を残せず、昨季までで一軍登板11試合(18年に10試合、19年に1試合)のみというのは誤算だったが、今季は6月25日に昇格を果たすと、ここまで3試合の登板ながら、これまでとは違った雰囲気を漂わせている。「自分が持っている力をすべて出し切ろうと」と気持ちを込めた投球ともに笑顔も。いよいよ覚醒の時か!? また、3位の九鬼隆平、4位の三森大貴も一軍で絶賛アピール中。特に三森は、周東佑京牧原大成に代わって一番にハマり、勝負強い打撃を見せる。出場試合数、成績だけで見れば“出世頭”。もう1度、勢いを取り戻し、レギュラー奪取といきたい。

埼玉西武ライオンズ



 夏の甲子園優勝投手として1位で今井達也が入団した「2016年不ドラフト指名組」。その今井は2年目から5勝、7勝、3勝と少々伸び悩んでいたが今季はここまで5勝、防御率2.71をマークと才能が開花しつつある。だが、一番の“出世頭”は3位の源田壮亮だ。1年目から遊撃の定位置を奪い、新人王を獲得。18年からは3年連続でゴールデン・グラブ賞、ベストナインに輝いた。昨年からは主将を務め、先頭に立ってナインを牽引している。さらに5位には19年にパ・リーグ記録の81試合登板を果たした平井克典の名が。その他、2位は中塚駿太、4位は鈴木将平、6位は田村伊知郎だったが指名6人中、3人がチームの中心選手となっており、大成功のドラフトだったと言える。

北海道日本ハムファイターズ


日本ハム・堀瑞輝


「2016年ドラフト指名組」は一軍で飛躍している選手が目立つ。まずは1位の広島新庄高出身の堀瑞輝。高卒1年目から一軍デビューを果たし2019年には救援投手として台頭。今季は勝利の方程式を担う左の中継ぎエースに成長した。大学、社会人を経て8位の玉井大翔も出世組。19年には65試合に登板し20年も右の中継ぎエースとしてフル回転した。野手では早大から2位の石井一成が今季は遊撃のレギュラーを獲得。楽天・田中将大の日本球界復帰戦で先制本塁打も放っている。7位の郡拓也も捕手登録ながら内外野も守れるユーティリティーとして一軍で存在感を見せる。9位の今井順之助は一軍昇格を狙う。8人中3人は戦力外通告を受け高山優希は育成契約になっている。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング