週刊ベースボールONLINE

週べ60周年記念

巨人から移籍の山内新一が早くも3勝目/週べ回顧1973年編

 

 3年前に創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

コーチも驚いた松原明夫の球


表紙は南海・山内新一


 今回は『1973年5月14日号』。定価は120円。

 巨人から南海に移籍した山内新一が開幕からいきなり2連勝を飾った。
 と言っても開幕の日拓戦、2戦目の阪急ともリリーフで1イニング。これは野村克也兼任監督の
「勝敗なんか関係ない。パの打者に慣れるだけでいいんや」
 と言われての登板での勝利だった。

 いずれも1イニング1点を取られたので防御率は9.00。新山コーチは「これで勝つなら俺でもできるかな」とひやかしていた。

 本人も、
「僕の力で勝ったわけじゃない。勝利投手が僕になるなんて申し訳ないですよ。今度は完封します」
 と恐縮。

 巨人時代から球の力は評価されていたが、気の弱さから首脳陣の信頼を得ることができなかった男だ。

 それが4月22日の太平洋戦(大阪)で有言実行の完封勝利。「監督のアドバイスだけを信じて投げたのがよかったです」と山内はほっとした表情。

 野村監督はこう言ったという。
「相手はノンプロみたいなチームや。まかり間違っても打たれるようなことはない」
 加えて、
「逃げたらいかれるぞ。あくまで勝利だ」
 
 勝利のあと、山内は、
「これからも相手がノンプロのつもりで投げます」
 間違いなく、野村監督に言わされた言葉だろう。

 勝ち星はないが、同じく巨人から移籍の松原明夫も好投を続けていた。キャンプでハディックス臨時コーチが、松原が巨人時代、ほとんど登板がなく、過去0勝3敗と聞いて、
「いったい巨人はなんというチームなんだ。こんないい投手にどうしてチャンスを与えなかったんだ。彼を何とか勝てる投手にしよう。そして巨人の鼻を明かしてやろう」
 と言っていた。

 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング