週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

西武が『SAVE LIONS DAY』で新日本プロレスとコラボ決定! プロレスラーの真壁刀義がセレモニアルピッチなどに登場

 

新日本プロレス・真壁刀義


 西武は、チームのシンボルであるライオンを絶滅の危機から救う保全活動『SAVE(セイブ) LIONS(ライオンズ) 〜消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト〜』を2019シーズンより実施している。今年も9月23日の楽天戦において、ファンに本プロジェクトの周知と参加を呼び掛ける『SAVE LIONS DAY』を実施するが、同じくライオンをシンボルとしている新日本プロレスとのコラボが決定した。プロレスラーの真壁刀義が来場してさまざまなイベントに登場する。

 メットライフドームでは、ライオンズの呉念庭愛斗、新日本プロレスの真壁、本間朋晃の等身大パネルと一緒に撮影できるフォトスポットが登場するほか、SAVE LIONSの活動やオンライン募金を紹介するブースの設置をはじめ、チャリティーグッズなども販売する。また、当日のセレモニアルピッチなどに真壁が登場し、プロジェクトへの参加を呼び掛ける。

「『SAVE LIONS』プロジェクト、ライオンマークをシンボルとしている俺たちが参加しないわけにはいかねぇだろ!? 西武ライオンズさんと新日本プロレスの最強タッグで、1頭でも多くの野生のライオンを救えるように、「SAVE LIONS」活動をガンガン広めていくからよ! 西武ライオンズさんのファンも新日本プロレスのファンもぜひ、協力してくれよな! 俺様も気合い入れてセレモニアルピッチを投げさせてもらうからよ! 呉念庭選手とPR動画で共演させてもらった愛斗選手に会えるのも楽しみにしてるから待ってろよ!」と真壁はコメント。

 また、監督・コーチ・選手たちが本プロジェクトのオリジナルキャップとヘルメットを着用して試合に臨むほか、ネクストバッターズサークルやベースにも特別なデザインが施される。当日に限らず、今シーズンもホームゲームでホームランを1本打つたびに1万円を保全団体に寄付する活動を継続して行っている。

 新日本プロレスとは、今年9月4日〜5日にかけてメットライフドームで開催された同団体主催の「WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome」をきっかけに、コラボグッズの販売を共同で実施。同日に大田区総合体育館で行われる「G1 CLIMAX 31」でもプロジェクトの周知と募金への参加を呼び掛ける。

西武ライオンズ広報部

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング