週刊ベースボールONLINE

週べ60周年記念

「田淵の代わりに」と阪神・江夏豊退場/週べ回顧1973年編

 

 3年前に創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。バックナンバーを抜粋し、紹介する連載を時々掲載しています。

中日─ヤクルト戦でも大乱闘


表紙は近鉄・太田幸司


 今回は『1973年7月2日号』。定価は100円。

 6月12日、小雨模様となった後楽園球場での巨人阪神戦で事件が起こった。

 8回、投球の判定に不満を持った大里球審に阪神の投手・江夏豊が体当たりし、退場になったのだ。

 もともと大里球審と阪神の相性はよくなかったようで、この試合でも6回、田淵幸一の打席で雨を理由に大里球審がタイムを取った際、田淵が明らかに嫌そうな顔をした。

「雨はずっと降っていた。なぜあのタイミングでタイムなのか」と田淵。気勢をそがれ、ショートフライに終わっている。

 そのあとハーフスイングのジャッジでも田淵が文句を言った場面があり、大里球審からは「次は退場」と言われていたようだ。

 事件は8回裏、王貞治の打席だった。2−2からインロー。これに大里球審がボールを宣すると、「ストライク、自信があった」という捕手の田淵が苦情を言い掛けたとき、マウンドの江夏が突き飛ばし退場。江夏は「田淵の代わりに俺が手を出した」と言い、田淵もまた、「あそこで僕が退場を食らったとしても仕方がなかったと思います」と語っていた。
 
 翌13日、中日球場の中日─ヤクルト戦でも大乱闘があった。

 延長10回裏にサヨナラのホームを踏んだ中日の星野仙一とヤクルトの捕手の久代義明がクロスプレーのあと、取っ組み合いとなり、両軍入り乱れての大乱闘となったのだ。

 さらにそのあとには中日ファンがグラウンドに乱入し、ヤクルトベンチを襲撃する騒ぎもあった。

「ベースタッチにいったら久代に頭をミットでたたかれた」と星野が言えば、久代は「ブロックにいったら蹴飛ばされた」。

 写真を見ると、星野は立ったままホームに突っ込み、そこに久代がブロックで立ちはだかっていた。

 星野からしたら「タイミングはセーフなんだから邪魔するな」というところだったのだろう。

 アメフト経験者の中日・与那嶺要監督はすぐさまベンチを飛び出し、自らヤクルトナインに突っ込んでいったが、ヤクルト・三原脩監督は落ち着いたもの。

「当然、あのケースでは捕手がブロックしますよ。星野君は投手だし、ブロックされたことがなかったんじゃないですか。滑り込めば問題なかったんですよ。血の気が多い若者だから仕方がない」と冷静に語っていた。

 では、また。

<次回に続く>

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング