週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

「動」のオリックス・中嶋監督と「静」のロッテ・井口監督 頂点に立つのは?

 

「育成と勝利」を見事に遂行


ロッテ・井口監督(左)、オリックス・中嶋監督


 失礼だが、この両球団がシーズン最終盤まで優勝争いを繰り広げると予想できた人は少ないのではないだろうか。2年連続最下位、6年連続Bクラスと低迷していたオリックスが首位を走り、1974年以来実質的なリーグ優勝(勝率1位)から遠ざかっているロッテが2位で追いかける。だが、両球団の強さは勢いでもフロックでもない。勝つべくして勝っているのだ。

 オリックス・中嶋聡監督は目標に掲げる「育成と勝利」を見事に遂行している。昨季は8月下旬に西村徳文前監督が辞任したのを受け、監督代行として67試合で29勝35敗3分、勝率.453。就任前の勝率.327から勝率1割以上上げた。選手の能力を見抜く手腕は目を見張るものがある。杉本裕太郎は不動の四番になり、三塁で起用している宗佑磨は安定した守備に加え、打撃でも二番で潤滑油に。高卒2年目の紅林弘太郎もスケールの大きいプレースタイルで不動の遊撃に成長した。投手陣も高卒2年目左腕・宮城大弥が今季12勝と大ブレーク。指揮官が現役時代に本職だった捕手も伏見寅威若月健矢を投手との相性を考えながら起用している。

 デーブ大久保氏は週刊ベースボールのコラムで中嶋監督を高く評価している。

日本ハムで長く選手兼コーチとしてプレーした捕手出身の監督。コーチの気持ちも分かるし、選手の気持ちもよく理解できます。そして、捕手は、よく投手の顔を見ています。今はどういう感じだとか、まだいけるぞ、気持ちが死んでいないなど、分かるんです。そういうのもあるので、中嶋監督の采配を見ると、そういう部分を見計らった投手交代をしています。やはりそうだよな、と捕手出身の私が納得して見ています。その交代の思い切りの良さ、『これはダメだ』と思った瞬間の行動の早さはさすがだな、と思います」

「攻撃面の采配に関しても、捕手出身だなあ、と感じることがあります。つまり、守っている捕手が『これをやられると、イヤだなあ』と感じていることを本当にやってきます。セオリーもたくさんありますが、この場面、送られると、のちのちの流れに響くぞ、というときにしっかり送る指示を出しています(進塁打などです)。そういう部分の積み重ねが、相手へのプレッシャーとなっていき、今の順位になっていると思います。だからこそ、この先の首位争いは、中嶋監督の采配に大きな期待をしたいのです」

“1点”の積み重ね


 中嶋監督は試合内で喜怒哀楽をはっきり出す。得点が入ると拳を突き上げて喜びを露わにし、手痛い失点を喫すると顔をしかめることが珍しくない。選手とともに戦っているようなスタイルに対し、井口監督は対照的だ。得点が入った時にも大きく喜ぶことはなく、試合終盤で逆転を許しても表情を変えずに次の展開に策略を張り巡らす。

 現役時代にダイエーで3度のリーグ優勝を経験。メジャー挑戦し、ホワイトソックスで世界一に貢献すると、ロッテでも10年に日本一と「勝利の味」を知っている。「名選手、名監督ならず」という格言があるが、井口監督には当てはまらないだろう。18年に監督就任以降5位、4位、2位と着実に順位を上げている。今年開催された東京五輪に侍ジャパンで選出された選手は12球団で唯一1人もいない。スーパースターと呼ばれる選手はいないが、用兵術に長けているから白星を積み重ねられる。

 打線は安田尚憲藤原恭大山口航輝と有望な若手たちに期待をかけながらも、レギュラーを空けることはしない。結果を出す選手が使われるという方針がチーム全体に浸透し、各ポジションの激しいレギュラー争いがチーム全体の底上げにつながっている。救援陣は国吉佑樹ハーマン唐川侑己佐々木千隼と疲労をためないように、「勝利の方程式」を2組作るシステムを構築。守護神・益田直也につなぐ必勝パターンを確立した。

 今年のスローガンは「この1点を、つかみ取る」。井口監督はその意図について、今年2月に週刊ベースボールのインタビューでこう語っている。

「昨年は1点差で勝った試合も多かった。ただ、逆に、大事な場面で1点を取られて負けてしまう試合も多かったんです。打撃陣は、得点圏で1点をもぎ取れなかったことが反省点でもありますし、投手陣でも『この1点を防いでいれば良かった』ということもあった。その経験、思いをチーム全員で共有していきたい。チーム防御率を1点減らすとか、シーズンの総得点を100増やすというのは簡単なことではありません。でも、1試合の中で、“この1点”を意識していけば、変わってくる。取れるときにしっかり取る、防げるときにしっかり防ぐ。そうした“1点”の積み重ねですから」

 オリックスとロッテ。どちらが頂点に輝いても歴史的なリーグ制覇になる。勝利の女神がほほ笑むのはどちらか――。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング