週刊ベースボールONLINE

2021日本シリーズ

7回サンタナが逆転2ラン! ヤクルトがシーソーゲームを制して2勝1敗に【2021日本シリーズ】

 

7回に逆転2ランを放ったヤクルトサンタナ


■日本シリーズ第3戦(東京ドーム)
ヤクルト5-4オリックス

 日本シリーズ第3戦、先制したのはオリックスだった。3回、先頭の紅林弘太郎が中前打で出塁すると、伏見寅威がバスターを仕掛ける。遊ゴロとなったが西浦直亨が後逸し、無死一、三塁に。さらに投手の田嶋大樹が犠打、福田周平が四球を選んで満塁とヤクルト先発・小川泰弘を攻め立てる。ここで宗佑磨が鮮やかな右前打。オリックスが1点を先制した。

 5回、オリックスは積極的な継投策を見せる。一死から田嶋が青木宣親に中前打を浴びると、変則右腕の比嘉幹貴にスイッチ。比嘉が山田哲人を遊ゴロに打ち取ると、村上宗隆に対してバルガスを投入。左打者の村上に対して右腕の助っ人。初戦で投ゴロに抑えていたが、これが裏目に出る。バルガスは村上、サンタナに連続四球。二死満塁となり、中村悠平に直球を中前に運ばれる。一気に2者が生還、さらに中堅からの返球を受けた三塁の宗が痛恨の悪送球。その間に一走もホームにかえり、ヤクルトが3対1と逆転した。

6回に同点2ランを放ったオリックス・杉本


 しかし、嫌な流れをオリックスはすぐに断ち切る。直後の6回、先頭の吉田正尚が二塁打で出塁すると、四番・杉本裕太郎が魅せた。カウント2−2からの5球目、外角高め147キロ直球を逆らわずに打ち返すと打球は右翼席に飛び込む同点2ラン。さらにオリックスは7回、2番手・スアレスから一死一、二塁のチャンスをつかむと、3番手・田口麗斗の前に宗は三振に倒れたが吉田正が左翼へ勝ち越し二塁打を放ち4対3とする。

 だが、ヤクルトもこのままでは終わらない。7回からマウンドに上がった4番手・吉田凌から先頭の青木が右前打。山田は右飛、村上は空振り三振に倒れたが、ここまで日本シリーズ無安打だったサンタナの豪打が炸裂する。2ボールからの3球目、外角のスライダーを強振すると打球は高々と右翼へ舞い上がった。右翼席に着弾する逆転2ラン。ヤクルトベンチが歓喜に沸いた。

 ヤクルト4番手・石山泰稚が回またぎの8回をゼロに抑えると、9回はマクガフが登場。初戦、2点リードを守れず逆転サヨナラ負けを喫していた守護神は先頭の若月健矢に中前打を浴びる。福田が犠打を決め一死二塁。一打同点のピンチを迎えたが宗は一ゴロに打ち取る。二走は三塁へ進み、打席には吉田正だったが申告敬遠で二死一、三塁。杉本との勝負を選んだが、四番を一ゴロに仕留め、ヤクルトが5対4で勝利。これで2勝1敗と一歩リードする形となった。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング