週刊ベースボールONLINE

2021日本シリーズ

石川雅規が6回1失点の好投。ヤクルトが接戦を制して日本一へ王手【2021日本シリーズ】

 

6回1失点と好投したヤクルトのベテラン・石川


■日本シリーズ第4戦(東京ドーム)
ヤクルト2-1オリックス

 接戦が続いた日本シリーズ、第4戦も1点を争う締まったゲームとなった。先制したのはヤクルト。2回、先頭で打席に入ったサンタナがオリックス先発・山崎颯一郎の外角高め直球を右翼席へ。助っ人の前日からの2打席連続本塁打でヤクルトが1点を先制した。

 ヤクルト先発・石川雅規は素晴らしい投球を見せた。緩急自在の投球でオリックス打線を封じ込む。5回までわずか1安打、6奪三振。オリックスはチャンスらしいチャンスをつかめなかったが、6回、一瞬のスキを突いた。二死後、福田周平が中前打で出塁すると、続く宗佑磨はフルカウントからの真ん中のシンカーを右前へ。スタートと切っていた一走・福田は一気に三塁へ進むと、右翼手・サンタナが打球をファンブルしたのを見逃さずホームを陥れ、同点に追いついた。

6回、右前打で一気に生還したオリックスの一走・福田


 しかし、その裏、ヤクルト打線はオリックス2番手・増井浩俊を二死一、二塁と攻め立てる。ここで変則右腕の比嘉幹貴へスイッチしたが、打席のオスナが外角低めのスライダーを鮮やかに中前に打ち返して、すかさず1点を勝ち越した。

 ヤクルトは継投策に入る。7回は石山泰稚、8回は清水昇がオリックス打線をゼロに抑えると9回は守護神のマクガフ。一死から吉田正尚に右前打を浴びたが、杉本裕太郎を遊ゴロ、T-岡田を一ゴロに仕留めヤクルトが2対1で勝利。ヤクルトが日本一へ王手をかけた。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング