週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム「セは小差だが広島と巨人DeNAが続いて、あとはダンゴ?」

 

西川の成長があり、打力を維持している広島は層が厚く、V候補。打力の巨人との勝負になるでしょう


選手層のC対打力のG


 開幕はまた少し先になってしまいそうですが、今週は、順位予想のセ・リーグ編です。

 優勝候補一番手は広島だと思います。去年と比べるとバティスタがいなくなったので、その穴をどうするか、になるんですが、西川(西川龍馬)の成長もあるし、田中広輔がケガがなくなれば復活してくると思うんです。そうなると、五番ぐらいまではスーッとオーダーも固まりますよね。それで下位打線にキャッチャーの會澤(會澤翼)が入ってくれば、攻撃陣はこれまでと比べてもそんなに落ちない感じがします。

 ピッチャーも、先発は大瀬良(大瀬良大地)、K.ジョンソンといるので、あとは、床田(床田寛樹)がいて、森下(森下暢仁)がいて、九里(九里亜蓮)あたりをうまく使っていけば。ちょっと遅れていますけど野村(野村祐輔)もいますから、ローテーションの谷間はないと思いますね。

 あとは、抑えの問題だけですね。中崎(中崎翔太)が計算できないので、外国人がどこまでやれるか。

 このチームは、投打とも、レギュラークラスに何かあっても、若手を即一軍に上げて、即使う、ということができる層の厚さもある。そこが強いと思いますね。

 対抗は巨人です。ここはもう、とにかくピッチャーでしょう。トップに立つためには、菅野(菅野智之)以外のピッチャー。メルセデスがどこまで回復してくるか。そしてサンチェスの出来にかかります。サンチェスは、確かにストレートは速いですけど、ボールが先行したときにどうカウントを整えていけるか。高橋(高橋優貴)や戸郷(戸郷翔征)に頼らざるを得ないようだと、菅野やサンチェスに「落とせない」というプレッシャーがかかってくる気もしますね。

 結局、投手陣の弱さを打線で補うしかない。こちらは、吉川尚輝の復活があれば、何の心配もないと思いますけれど……。そうするとやっぱりピッチャー次第でしょうね。

 続くのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング