週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム「A.マルティネス捕手を中日がどう使いこなすか興味津々です」

 

支配下昇格したばかりのA.マルティネス。その打撃は穴がない感じで、下位打線に入れば中日打線の弱点解消に役立つはず


セはまだ先が読めない


 今週は、開幕からここまでのセ・リーグのチームを見ての感想などを書いていきたいと思います。

 ここまでを見ていると、オフにあった課題をうまく克服できたチームが勝って、「このメンバーで行くよ」といったところが機能しなかったチームが、やはり負けているという感じがしますね。阪神なんかも、「打てなければ勝てない」というのがあったのに、最初は機能しなかった。それが、ボーアが打って、少しメンバーを代えて大山(大山悠輔)を出して打てるようになると、やっぱり勝つようになりましたからね。

 巨人は、開幕直後は懸念の抑えのところもうまくいって勝っていたんですけれども、デラロサが故障して戦列離脱して、これからうまくいくのかどうか。まあ経験豊富な原(原辰徳)監督だから何とかやっていくでしょうけれども、そういう懸念はありますよね。だから巨人も、いいスタートを切ったとはいっても、余裕はないと思うし、安泰でもない。まだまだセ・リーグは先が読めないと思います。各チーム、戦力的な課題に対して、ベンチ入りや一軍の人数枠が増えたところをどううまく使ってプラスに変えていくか。そこでうまく手を打てたチームが、今後来ると思います。

 DeNAも、うまくかみ合っていますよね。筒香(筒香嘉智、現レイズ)が抜けた穴はオースティンで埋まっていますし(※その後、故障のため登録抹消に)、打線は心配いらない。ここも問題はやっぱり後ろのピッチャーですよね。山崎康晃が本調子かどうか分かりませんし、その前も、野手で3人外国人を入れると、パットン1人しかいないですもんね。ラミレス監督は「ワタシは中継ぎピッチャーをシンジテイル」と言ってますけれども、どうでしょう。僕は開幕前の予想では、最終的にDeNAをトップに予想したんですが、どうなるか。ただ、一年間戦っていけるよね、という形は見えています。

 わが古巣の中日は、これからのカギを握るのはA.マルティネスでしょうね。彼を使い切ることができたら、結構打線のほうでは効果を発揮すると思うんですよ。打撃には穴がないように見えましたし。ただ、キャッチャーしか守るところがないので、その場合、リードの面とか、ピッチャーとの呼吸の面がどうか、というところでしょう。

 私が日本ハムにいたときにも、ロッテのディアズという外国人選手がキャッチャーをやったことがありますけれども、やっぱり外国人のキャッチャーは、サインの出し方などに、日本の野球からすると、細かさが足りない面がありますからね。ピッチャーの調子がいいときは、おいでおいでのリードでいいと思いますけど、ストライクが入らなくなったり、困ったときにどういうリードができるか。ただ、スローイングも強いボールを投げるし、さっきも書いたように、彼が下位打線に入ると、ヒットは打つけど点が入らない、という中日打線の弱点の解消に役立つと思うんですよ。ですからこれからどうやってこの外国人キャッチャーを使っていくかは、興味がありますね。

抑えが固まるかが勝負


 ヤクルトは、意外と頑張っていますよね。今、打線が村上(村上宗隆)を筆頭に非常に機能しているので勝てている。それを前面に出して、あとはどれだけ投手陣がその得点を吐き出さずにいけるかでしょう。打線の勢いが止まったときにどうなるか。

 広島は抑えが心配ですね。これが解決されないままずるずるっと行って、気がついたら何十試合も終わってる、ということにならないように、そこだけはしっかりしておかないとダメでしょうね。

 今年のセ・リーグは、抑えが固まっていないところが多いですよね。DeNAの山崎ぐらいでしょう。阪神の藤川球児も、往年のようなボールはもうないですからね。相手が「コイツが出てきたら終わりだ」という感じになるピッチャーはいない。巨人だって、澤村(澤村拓一)が最後に行ったんじゃあ、まあいいときはいいのかもしれませんけど、相手もあきらめませんよね(笑)。抑えのピッチャーは、ベンチが「これしかいないから」と腹をくくって出したとしても、不安がどこかにあれば、それは必ず野手にも伝染しますから。せっかくリードしていた試合を守り切れずに逆転されるケースが増えると、先々、「あのときのあの1勝が……」ということになってきますからね。

 そして、抑え投手をラクにするためには、7回、8回を投げる、セットアップのピッチャーも大事になってきます。やはりそこを含めての編成を早くきっちりできたチームが、今年のセ・リーグを勝ち抜いていくのではないでしょうか。ホントに早く手を打たないと、今シーズンは、「まだ前半戦だから大丈夫」というシーズンではないですからね。

 今週からは、少しですが、お客さんも入り始めました。これは一つ、明るい材料ですよね。「ワーッ」とか「オーッ」とか大きな声は多分出ないと思うんですけど、それでも無観客よりはいいでしょう。

 僕も、セ・リーグからパ・リーグに移った当初は、川崎球場のお客さんの少なさには悲しい思いをしましたので(笑)、逆に拍手がぱらぱらだと寂しいと感じることもあるかも分からないけれども、ここは一つ、「ああ、お客さんが入ってくれたな。もう少ししたら、今度はこれが1万人になるぞ」と、ポジティブに考えていかないとね。

 今までの楽しみ方と全く違う観戦スタイルになって、お客さんが来てくれるかどうか、というところもありますけれども、とりあえずお客さんが入れるということはいいことなのでね。選手たちには頑張っていい試合をしてもらいたいですね。

PROFILE
大島康徳/おおしま・やすのり●1950年10月16日生まれ。大分県出身。右投右打。中津工高からドラフト3位で69年中日入団。3年目の71年に一軍初出場の試合で本塁打を放つ。76年にはシーズン代打本塁打7本の日本記録。翌77年に打率.333、27本塁打の活躍で不動のレギュラーとなり、79年にはリーグ最多の159安打、36本塁打、リーグ3位の打率.317の大活躍。83年には36本塁打で本塁打王にも。88年に日本ハムへ移籍、90年には史上最多の2290試合を要して2000安打に到達した。94年限りで現役引退。2000年から02年まで日本ハム監督も務めた。現役通算成績2638試合、2204安打、382本塁打、1234打点、88盗塁、打率.272。

関連情報

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング