週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム「連勝を続ける菅野、涌井は向上心を持ち変化したのが生きています」

 

8月18日の阪神戦[東京ドーム]で、完封で8連勝を決めた菅野[巨人]。まさに難攻不落になってきました/写真=高塩隆


投球への理解度が高い菅野


 ヤクルトの小川(小川泰弘)がノーヒットノーランを達成しました(8月15日、DeNA戦=横浜)。あの日はコントロールが抜群でしたね。もともと力のあるピッチャーでしたが、二段モーション的な感じで投げるのが特徴。それが解禁になったりで、今までは自分の中でもフォームにズレが出ていた部分もあるんじゃないかと思うんです。この間は、そんな感じもなく、自分のイメージどおりのボールが行っていたのではないでしょうか。今回の好投が、復活へのきっかけになるでしょう。

 ピッチャーで言えば、今年は、セ・リーグで巨人の菅野(菅野智之)、パ・リーグで楽天の涌井(涌井秀章)が開幕から連勝しています(8月20日現在)。

 菅野は、一度、打たれて負けがつかなかったことがありますが、ホントにそれ以外は抜群ですよね。8月18日の阪神戦(東京ドーム)をテレビでじっくり見ましたが、球威もコントロールもあり、ホームベースを非常に広く使い、高低もうまく使っていました。特に感じたのが、バッティングカウントになったときも、苦し紛れの投球になっていないところです。自分が持っている中から、危険度が一番少ない変化球をチョイスし、それをコントロールできる技術がある。そこが強みだと思います。

 菅野は、今年からフォームの始動のときの腕の置き方を大きく変えました。実績がある選手であればなおさら、大きく変えるのは勇気がいることです。打撃でも、始動をちょっと変えただけで、スイング軌道が変わってしまうことがありますから、ピッチャーでも、腕の軌道が全然変わるということもあると思いますよ。そのあたり、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング