週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム「投手出身の三浦、石井両新監督の采配に期待します」

 

19年は一軍投手コーチ、20年は二軍監督を務めたDeNAの三浦新監督。それらの経験をうまくかみ合わせることができれば楽しみ


有原は制球力を信じて


 年が明けました。でも今年は、こんな状況ですから、初詣やお墓参りも、「今だったら人がいないだろう」という日時を狙って行ったり、正月気分には全然なりませんでした。

 野球界も今年はどうでしょう。まあ選手は昨年の経験もありますから、ある程度対処していくでしょうけれども、周りの状況もありますのでね。イベントというイベントがまた2020年のようになってしまわないことを祈るばかりですが、大変な1年が続くなという感じがしますね。

 年末年始の野球界の動きでは、日本ハムの有原(有原航平)がレンジャーズに決まりました。アメリカもコロナ禍の問題がありますから、どの程度プレーできるのかは分からないところもありますが、とりあえずは決まってよかったと思います。

 前にも一度書きましたが、彼はメジャーに行ったらそれほど圧倒的な球速を持つ投手ではなく、変化球を主体に、打ち損じを求めていくタイプになると思います。先発した場合にカウント3-2、3-2を繰り返していくようではすぐに球数が交代の基準に来てしまう。そういう意味では、甘く行ったら打たれるという恐怖はありますが、どれだけ自分のコントロールを信じて、インサイドを含めて高低幅広く投げていけるかがカギになると思います。コントロールはいいピッチャーですからね。

 そのためにも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング