週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム「『今の番号を永久欠番に』と思いながら、若い番号にもあこがれました」

 

背番号40を着けていた若手時代の筆者。「この番号を永久欠番に」の意気込みの一方で、若い番号へのあこがれもありました


田中将に佐藤輝にワクワク


 各地でキャンプもたけなわですが、やはり今年一番の話題は、田中将大楽天復帰でしょうね。力が落ちたというのではなく、メジャーのバリバリの状態で帰ってくるわけですから。野球ファンのみならず、それ以外の人にも話題にされるぐらいの注目度はあるのではないでしょうか。

 チームにも、昨年の序盤に手応えもあったところに田中将が加わったことで、「今年、俺たちイケるんじゃないの?」というムードが出てきますよね。これが一番のプラス効果でしょう。ファンの「ソフトバンクを追いかけるのは楽天だろう」という期待感も、東北だけではなく、全国レベルで生まれている気がします。

 もちろん、楽天の後輩の投手たちにとっては、野球への取り組み方、トレーニング、テクニックを、直接聞くこともできますし、目の前で見ることができますから、これ以上の教材はないでしょう。誰もが田中将大になれるわけではないですけれども、成長への大きなヒントになることは間違いありません。

 田中将自身については、日本でやっていた経験がありますので、ボールやマウンドの違いに対応するのは、そんなに不安はないと思います。あるとすれば、ストライクゾーンの違いでしょうか。メジャーで使っていたフロントドア、バックドアといったボールをどれだけ取ってくれるか、という感覚も含めて。ただ彼は打者を仕留めにいくための引き出しはたくさん持っているはずですから、際どいコースがボールと判定されただけでパニックに陥るようなことはないでしょうけれどもね。

 あとは、中4日で投げていたのが日本式の中6日とかになって・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング