週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム「田中将大はもう少し見てみないと、という見立てです。セ・リーグでは阪神が好調ですね」

 

4月16日の日本ハム戦[東京ドーム]で、中田に浮いたストレートをホームランされた田中将[楽天]。今後はストレートをどの段階でしっかり投げられるか、次第でしょう


変化球はさすがだったが


 4月16日の日本ハム─楽天戦(東京ドーム)で、約半年ぶりに現場に出かけて解説の仕事をさせていただきました。これまでもリモートではやっていたのですが、やっぱり現場はいいですね。画面越しとは全然違います。アナウンサーの方の言わんとすることも瞬時に分かるし、お客さんの臨場感というものも伝わってきますしね。お客さんもまだ大きな声は出せませんけれども、数は少なくてもお客さんの「目」がある中でのプレーのほうが、選手には刺激があるし、やりやすいだろうな、ということをあらためて感じました。

 球場への出入りも、以前は体温を測って、書類に書いて、みたいな手続きがあったのですが、今はサーモカメラでパッと測ってすぐに入れるようになっていますから、お客さんを入れるときも同じだと思いますが、球場側も手慣れてきてスムーズな流れを作ってくれていると感じました。感染対策をする気持ちの上では、「慣れ」はいけないんでしょうけれども、実務的なところでは、ですね。

 その日・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング