週刊ベースボールONLINE

冷静と情熱の野球人 大島康徳の負くっか魂!!

大島康徳コラム「国際大会は縦の変化が有効。五輪では山本由伸をエースとすべし」

 

縦の変化球も操る山本由伸[オリックス]の投球は国際大会向き。私が監督なら、彼をエース格として前面に押し立てます


栗林、平良の選出は大正解


 この号が出るころにはちょっと古い話になりますが、交流戦が終わりました。セ・リーグの勝ち越しは12年ぶりらしいですね。パ・リーグはソフトバンクの不振が痛かったです。そしてオリックスが交流戦優勝。このページでも「どうなってるんだ、あのチームは」と散々言ってきましたが、やっと来ましたね。ずっと「打ちさえすれば」という感じでしたが、杉本(杉本裕太郎)が出てきて、福田(福田周平)がトップバッターで頑張って、やっと投手力が生かせるチームになってきました。またパ・リーグでの戦いが楽しみです。



 東京オリンピックのジャパンのメンバーが発表されました。基本的には2019年の『プレミア12』のメンバーをベースにした感じでしたね。選ばれた人をどうこう言うつもりはさらさらないんですが、今、調子の落ちている人もいるし、もうちょっと、名前だけじゃなくてイキのいい若手を入れても良かったかなという気もします。まあ、やっぱりどこかに基本線を置かないと選べないので、『プレミア12』のメンバーを基本にしたということでしょう。こういう選考はどうしても・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

中日、日本ハムで主軸打者として活躍し、日本ハムでは監督も務めた大島康徳氏が自らの一風変わった野球人生を時に冷静に、時に熱く振り返る連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング